被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

確定申告~儲かるまでやらなくてもバレない?

これっぽっちの収入で、まだ確定申告は早いだろうか!

 

f:id:mlmwork:20190823062328j:plain

あなたがネットワークビジネスを継続していると、だんだん収入がもえらえるようになってきます。

コツコツメンバーや愛用者が増えてくると、初めは少ないと言っても、年に40万、50万という収入にはすぐに手が届くようになります。

あなたは、「まだまだ申告をするような段階ではないわ!もう少し稼げるようになるまで、知らん顔しておけばいいわ」と、思うかもしれません。

ネットワークビジネスで収入を貰うようになったけれど、細々と小遣い稼ぎ程度にやっているので、確定申告なんて大げさなことしなくてもいいだろうと思っているなら、まずはここをご覧くださいね。

あなたが考えていることは、法律上脱税となり、罰則を受ける可能性があります。

たとえお小遣い稼ぎで有ろうと、ちょっとした副業で有ろうと、一定の収入があれば、確定申告をしないいけません。

 

ネットワークビジネスの収入を確定申告が必要な人

◎ネットワークビジネスを専業としていて、報酬から経費を引いた所得が年間38万円以上あり、会社から源泉徴収をされていない人。

◎副業やサイドビジネスとしてネットワークビジネスに取り組み(別に本業収入がある)ネットワークビジネスからの所得が年間20万円以上の人。

上の条件を満たす人たちは確定申告をしなければいけません。期限までに申告をしなかったり、税金を逃れたりすると、延滞税や重加算税などを支払わなければなりませんので、面倒だから申告しないなどという事の無いように注意をしましょう。

税務署まで出向くのが大変、あるいは面倒という方は国税電子申告・納税システム(e-Tax)を利用するとパソコンとインターネットを利用して、自宅からでも申告が出来ますので便利です。

注意※確定申告をしなくてもよいけれど、したほうが税金面で有利な方もいます、それはネットワークビジネスの報酬から源泉所得税をひかれている方です。全ての収入を合算して税金の納めすぎがあった場合は還付されますので、申告をしたほうが得になります。

 

確定申告って何?

確定申告は前年度の1月1日から12月31日までの所得と所得税額を計算して、所得税を納める手続きです。

副収入のないサラリーマンの場合なら、自分では何もしなくてもいいですが、通常、会社が給料から源泉徴収をし、納税をしてくれています。でもその一部が年末に戻ってくる事がありますね。そては、その源泉でひかれた1年間分を年度末調整で計算し、納めすぎがあればお金が戻って来るからです。

しかしネットワークビジネスのディストリビューターの場合、一人一人が個人事業主ですので、その計算は自分でして、決められた時期に1年分を申告しなくてはいけないのです、それが確定申告です。

ディストリビューターでも、会社から報酬を受け取るとき、源泉徴収を差し引かれて受け取っている方も多いと思います。しかしこれは暫定的に決められている金額(基本的には報酬の10%程度)が引かれているだけですので、1年間にかかった経費などを計算し、申告をすると、税金の還付を受けられることが少なくありません。

ですから税金をしっかりと払ったら、経費などを自分で計算をして、確定申告をし、堂々と還付をしてもらいましょう。

 

経費に含めるもの(税金を安くするために、収入から引ける費用は?)

一般的に経費として計上できるものは以下のようなものです。

・セミナー参加費(セミナーの為に支払う参加費用)

・交通費、宿泊費(バスや電車などビジネスに必要で利用した常識的な交通費やホテル宿泊費)

・喫茶代金(ミーティングやABCなどで利用した喫茶代金)

・電話料金(プライベートと共用の場合はその割合に応じた額)

・はがきや切手代(仕事上の手紙、お客様やダウンさんへの暑中見舞いや年賀状などのはがき代)

他にもビジネスに必要な資料を購入したり、文房具を購入したりしても経費になります。

今はネット上で簡単に申告書が手に入りますし、先にご紹介したe-Taxも利用できます。

申告期間は2月16日から3月15日までです。 収入と支出をしっかりと計算して、申告書を作成して、確定申告をしましょう。