被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスで、上手にレバレッジを働かせて稼ぐには


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

レバレッジとは、てこの原理などとも云われる、ネットワークビジネスの理想の収入発生の状態のことです。

大部分の人は、これが、自然に働くと思っていると思います。

とにかく、ダウンを増やして組織が大きくなれば、ほったらかしでもレバレッジがかかって、収入は爆発的に増えていくはず。

でも、そう思って何もしないでいると、組織は広がるパワーを落としてしまい、徐々に弱体化してしまいます。

そこに、ネットワークビジネスの限界があります。

では、働き続けるしかないのか・・・

レバレッジを働かせるには

では、どうやってレバレッジを効かせればいいのでしょう。

ネットワークビジネス経験者なら、みんなわかっていることです。

  • MLMグループで用意されたセミナーやミーティングを利用する
  • メーリングリストに、体験談やビジネスの進捗具合を流す。
  • ABCなどで、直接的にビジネス活動を支援する
  • 直接ダウンの一人一人にメールや電話をして、励ます

しかし、自分自身がモチベーションが下がっているとき、この当たり前のことが大変難しくなります。

ポジティブで居続けるのは難しい

レバレッジをきかせるためには、自分自身の気分や健康や、プライベートのトラブルが起きないように注意することが、特に重要ということになります。

夫婦喧嘩や、メンバー同士の恋愛、子供の学校の行事で忙しい、

仕事上のトラブル、経済的な問題、将来への不安、介護の問題、とにかく、プライベートでは、問題はひっきりなしに起きます。

それでも、いつもポジティブに、陽気に、楽しそうに、成功し続けることが出来るか、出来ないか、

そこが成功者になれるかどうかの分岐点なのです。

自分で自分を教育する

最初から、そのようにできる人はいませんが、自分で自分を教育し、訓練を施すことで成功者に成長していくのです。

多くの人がネットワークビジネスで成功しそこなうのは、その訓練が必要だと知らないからではないでしょうか。

組織が大きくなるにしたがって、強力なリーダーが、たくさん現れてくるので、いずれは第一線を退いても問題がなくなるかもしれません。

でも、そのタイミングを間違うと、それまでの苦労が水の泡になるかもしれません。

つい、こんな弱気な自分が顔を出します。

そろそろリーダーたちにがんばってもらって、自分は手を緩めてもいいのでは、と・・・

手を緩めていいタイミング

そのタイミングが少しはやすぎて、あなたの弱気がグループ全体に感染していくかもしれません。

レバレッジの恩恵にあずかるためには、それが当たり前に、ひとりでに、あなたと無関係に働くものだと考えてはいけません。

その点を、忘れなければ、あなたがネットワークビジネスで成功する確率は大きくなります。