被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ダウンを自動構築するインターネットMLM、どこまで自動なのか


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

Surprised baby boy using a laptop computer

インターネットのMLMで、ダウンを自動構築するというグループがあります。

 

それは、一部の人にとっては確かに真実なのですが、多くの人に恩恵があるわけではないようです。

なぜならば、どこに構築するかは、リーダーの個人の考えで決まる、という危険もあるからです。

 

もしも、そうであれば、なんて不公平なやり方だろうと思われても仕方がないでしょう。

 

どうしてそのようなことになってしまうかというと、インターネットのビジネスには、ある弱点があるからなんです。

それは、「即決はない」ということなのです。

 

例えば、「ネットワークビジネスの成功法」という無料のパンフレットがあったとします。

その無料のプレゼントをもらうために、メールアドレスを教えてくれる人はいますよね。

 

でも、すぐに即決でネットワークビジネスに参加するなどいるでしょうか。

まずいませんよね。

 

ですから、時間をかけて、メールで関心を高めていき、やがてビジネスに参加するよう促します。

 

インターネットビジネスの常識

インターネットで、ビジネスを行う場合、(アフィリエイトも同様)大事なのは、この見込み客のリストです。

この大事なリストを、インターネットで集めることは、比較的簡単です。

 

ちょっと気になる程度のプレゼントを用意して、フリーのアドレスと引き換えるだけです。

 

グループにいるメンバーたちが、毎日一生懸命にリストを集めるために、PCに向かっています。

その結果、グループのシステムには、ものすごい数のリストが集まるわけです。

 

何度も云いますが、このリストは、すごい力があります。

多かれ少なかれ、ネットワークビジネスに興味を持っている人のリストです。

しかも、繰り返しメールを送ってもいいという、許可をもらったリストです。

 

苦労して(ブログを書いたり広告を出したりして)集めたリストは、自分でちゃんと管理して、メルマガを送り続けて、ダウンを増やしていくことができます。

 

しかし、このメルマガを送るということが、慣れていないメンバーには大変なことだなのです。

リーダーが、何度、「リストは大事だよ、メルマガを出しなさいよ!」といって励ましても、リストにメルマガを送る人はいなかった・・・

 

そこで、リーダーは、メンバーたちに代わって、その全体のリストにメルマガを送り続けたわけです。

何年もメンバーが必死に集客活動をした結果、リストは何万という数になっていく。

 

そうなると、そこから、毎日5~10件の問い合わせが上がってくる。

 

その人たちのうち、10パーセントが参加したとして、毎月15人から30人。

ダウンは自動構築されます。

 

その場合、リーダーは、どの位置につければ自分にとって都合がいいかを、考えます。

当然ですよね。

もちろん、収入面も考慮するでしょう。

 

また、今後の組織に必要な人、つまり動きのいい人や、成功意識の高い人、ダウンを安心して預けられるしっかりした人の下につけます。

 

そうして、リストを管理しているリーダーにとって、一番理想的な形でネットワークは構築されます。

 

これを、最初から、つまりシステム構築の段階からリーダーが意図したていたら、すごい才能ですよね。

でも、意図していたかどうかにかかわらず、結果は、そのようになりました。

 

あなたに代わって○○○のシステムが、ダウンを自動構築いたします!

 

この裏ワザ(偶然発生のメリット)は、インターネットのMLMだからこそ使える手法です。

インターネットMLMのシステムを持つ人だけのメリットなんですね。

 

このことで、グループの内外で、いろいろ問題視する声が上がっています。

あなたも、きっと、そういう悪口を聞いたことがおありだと思います。

わたしも、このやり方は、不公平だと思っています。

 

確かにリストは、もったいないです。

でも、みんなが集めたリストを、リーダーが独り占めにしている事への不満は、抑えることができません。 もっと、ダウン獲得の権利を公平に配ることができタはず。。。

 

でも、さっきも言ったように、最初からそのつもりでいたわけではないのですね。

グループのメンバーたちが、リストの重要性を、もっと理解していたら、この状況は阻止できたはずです。

 

あなたが、このようなグループに入ることを検討されるならば、二つの成功法があります。

この裏ワザを利用して、のし上がるか、

阻止するために、リストを渡さないようにして、自分で管理するかです。

どちらを選びますか?

あるいは、あなたなら、自分でシステムを新たに作り、もっと公平なうまいやり方で、自らインターネットMLMで成功しますか?