被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

低リスクなネットワークビジネスの種類を極めれば購買型


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

最近、ネットワークビジネスを始めるのに、慎重な方が増えていると思います。

慎重にネットワークビジネスを選ぶとすると、当然、稼ぎやすいネットワークビジネスを、というのが常識でしょうね。

ネットワークビジネスの種類を考えるのに、とても重要な分け方があります。

それは、購買型と販売型という二つの種類です。

被害に遭われる方の大部分は、販売型のビジネスを選んだ方が多いです。

これは、より多くの報酬を得たいがために、タイトル、ポジションを取ろうとして、自分で大量に買い込もうと、ローンを組んだりして無理をするからです。

でも、販売型が悪いという事ではありません。それぞれの長所を見極めて参加しましょう。

購買型と販売型の違い

購買型

(当ビジネス)

販売型(従来の

一般MLM企業)

なし

入会申込書

       あり(手続き複雑)

なし

入会金、年会費

あり(1万円前後)

システム上

必要なし

販売(セールス)

  あり

誰もが同一価格

価格

卸売価格・小売価格

不要 (しても意味がない)

在庫

   必要に応じてある  (販売、タイトルのため)

いない

 ビジネスの被害者       いる  (大量在庫を抱えるため)