被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスの、あの実しやかの嘘を斬る


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスで稼げない人は全員被害者

何度も言うように、ネットワークビジネスは、自社製品の品質に自信のある企業が製品を流通させるために、行っているシステムです。

ビジネスチャンスとしては、成功できなくても、良い製品を紹介してもらった、きれいになれた、健康になった、気になる症状が改善した、大きな病気にかからないで長生きできたとしたら、それは、その人にとって、ネットワークビジネスに出会ったのは成功だと思うんですね。

本来の目的は、製品を愛用してもらうことなのですから、喜んで愛用できている人は、被害者ではありません。

ネットワークビジネスセミナーに行くと洗脳される?

ネットワークビジネスに勧誘されて、参加するだけで楽々稼げると思い込まされて、セミナーに行き、病気が治った、こんなに儲かったという経験談をうのみにして、参加する人がいます。

その過程では、都合の悪いことや聞かせたくない点は、秘密にするということもあります。それが詐欺といわれる部分かもしれません。

でも、商売というものは、多かれ少なかれ、そういう部分があります。

でも、ネットワークビジネスについて正しい知識を持って話しを聞く人は、聞いたことをうのみにはしません。

ネットワークビジネスで、資産を築きたい方、お金を稼ぎたいのなら、もっと勉強してください。その先に行かなければ、ネットワークビジネスで稼ぐ人にはなれません。

○法律を守っていては稼げない

ネットワークビジネスを規制する法律は幾つもありますが、大きくは、特定商取引に関する法律薬事法があります。

この法律を守らないで勧誘する人は、そのようにするしか、勧誘することができない人なんですよね。そのような法律違反はもってのほかですが、小さな嘘も騙しもなしに、ダウンを獲得することは可能です。