被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

インターネットでつながれば、ほぼ世界中の人達がプロスペクト


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネス9つの嘘の中に、「世界中の人達がプロスペクト(見込み客)だ!」というのがあります。

これがなぜ嘘かというと、ネットワークビジネスの場合、購入することが参加条件になるので、購入できる国に住んでいる人に限定されるからです。

あなたがもし、中国の友人にビジネスを進めても、その友人が中国で購入できなければ、参加は不可能です。

ネットワークビジネスを一生の仕事にして、海外に移住したいと考えている人は、商品を買えない所は避けた方がいいです。

最大手のネットワークビジネスは、100以上の国と地域に進出していますが、それでも世界中の人に機会を与えているとは言えません。

つまり、まだ伸び代は残っている?その通りです。

 

でも、問題は、人脈のない海外に、どうやって口コミをするかですよね。

facebook

なるほど、SNSで知り合った人に、会いに行って口コミをしますか?

あるいは、チラシを配ってセミナーを開きますか?

 

さてここで、ひそかに海外進出をもくろむあなたに、やる気をそぐようなお話をしなければなりません。

実際問題として、日本国内でネットワークビジネスを展開する会社が、海外どころか地方に進出する事さえ困難に感じているということです。

会社の資本力を持ってもできないことを、あなたが個人で海外に進出することなど、可能でしょうか。

 

ところが、インターネットのビジネスは、それが可能なのです。インターネットの情報伝達能力には、距離も国境も、時差も関係ありません。

口コミで、同じだけの活動をしようとすれば、孫悟空の分身の術と、ドラえもんのどこでもドアがなければできません。

世界中の人達がプロスペクト(見込み客)だ!」という言葉に、胸を突き動かされてネットワークビジネスに参加した人もいらっしゃるでしょう。

それを文字通り、実践したい方は、インターネットを使うことをお勧めします。