被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

買い込みでランクアップして代理店になるのは賢い方法ですか


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

自腹を切って製品を大量に買い込んで、タイトルを取ったり、代理店になろうとする人がいます。

どうしてそういう奇行に走るのか、ネットワークビジネスにはまったことがない人には、わからないことでしょう。

答えは簡単。

人にすすめて、何十万、何百万と製品を売りさばくのは大変ですが、自分で買ってポジションを確保するのは、容易いですよね。

クレジットカードを作るように勧めてくるネットワークビジネスもありますから、難なく買い込みができてしまうのです。

ブラックの方でない限り、クレジットカードは使えます。

だから、ついうまい話を100%信じてしまい、気楽にお金を遣う人が多いのです。

ここにネットワークビジネス被害の、第一原因があることを、知っていただきたいと思います。

タイトルとか、ポジションを取れば、即収入になるように、アップは言うかもしれませんが、飛んでもない落とし穴になる可能性があります。

自分で製品を買い込み、タイトルをとっても、だれもダウンがいない状態では、収入などありません。新たにダウンができて、その方が同じように大量に製品を買い込みしてくれた時に初めて収入ができるのです。

可能性はゼロではありません。

でも、本当に自分で口コミをして紹介を出せるかどうか、確認してから買い込みをしても遅くはないと思うんですね。

例えば、よく聞く話ですが、

お母さんが、500万も製品を買って代理店になると言い始めたら、どうやって止めたらいいか家族は悩みますよね。

「その500万円、ネットワークビジネスに遣うより、もっと他に使い道があるでしょう~~」

個人の資産を、その人が何に使おうと勝手にしておけばいいと思うんですが、家族にしては気が気ではないのでしょう。(笑)

500万円の製品を、消費期限内に販売できなかったら、全部お金をどぶに捨てるようなもの・・・。だって、お母さんが、そんなにバンバン紹介を出せる人にはどうしても思えない」

ほとんどの場合、その判断は正しいかもしれません。

ところで、ネットワークビジネスは、買い込みをしなくては稼げないというような、もっともらしいアドバイスは、まことしやかな嘘ですよ。

自分でコツコツ、ダウンをリクルートしていって組織を広げていくのがネットワークビジネスの成功方法です。

一人リクルートして、いくらになるかって?

いくらにもなりません。

でも、その人が、自分の大事なビジネスパートナーとなり、ほかのビジネスパートナーを連れてきたくれます。

その人たちが、自分の財産になって、結果として大きな流通の源泉になっていくのです。

それがわからない人は、計算だけで動いて、買い込みをして利益を増やすことばかりを目論みます。

ネットワークビジネスの成功法、それは、「お金を動機で動くな!」という事です。

私はそう思います。