被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

成功するネットワークビジネスの条件


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

自分がもしネットワークビジネスを始めるとして、成功するネットワークビジネスの条件はなんだと思いますか?

この質問は、Yahooの知恵袋に載せられていました。

このように、Yahooの知恵袋には、ネットワークビジネスに関する話題が、たびたび載せられているようです。

回答者は、色々です。ネットワークビジネスを経験した事がない、ど素人の答えはあまり参考になりませんが、経験者の方の発言など、インターネットでは拾えないようなレアな情報が見つかることもありますね。

とても参考になります。

今回の「成功するネットワークビジネスの条件」という質問の答は、いつも以上に面白かったですね。

最初の回答者は、ネットワークビジネス自体を立ち上げた知人の話を書いていました。

他のネットワークの上位者をスカウトしては、自社製品を一気に流通させて、それなりに大きくしては会社を売るというスタイルで、推測ですが数億円ぐらいは軽くもうけたのではないでしょうか?

さらに、金額はそれほど多くはないですが、こんなラッキーな人の例も。

もう一人は、日本に進出して1年以内のネットワークビジネスに参加した際に、自分の下に他のネットワークで下の会員がものすごく沢山いる人をつけてもらった人です。彼女は自分の友人名義で10万円程度の購入をすれば、下からの上がりが70-100万円ほど上がっていました。

こんな例を見てしまった人は、ちまちま一人ずつ会員をリクルートするやり方では、大きく稼ぐことはできないと思うのは無理はないでしょう。

結論として、それらのやり方で成功した人は、ネットワークビジネスは自分の下の人にいかに組織を大きくさせるか?がポイントだと結論しています。

昨日テレビに出て、話題になった与沢翼さんが、アムウェイに登録した話は有名です。一日で700名のダウンを登録させたという話。

その後、どうなったのか知っていますか。

与沢翼さんが自ら、こういっていました。

アムウェイは、ステージを上がる最短記録を作りましたが、今は活動していません。私の事業はインターネットを通じてモノを売ること。美容品、ソーラーシステム、電子書籍、色々なことをしています。これからも販売力を高めたい。今の売り上げは、出資した企業なども含めて月商四億円ですが、今は、上場は考えていません (半年前の週刊誌の記事より抜粋)

一時的にせよ、彼のアップになった人は、ウハウハだったでしょうね。

自分に人脈がなくても、世間に影響力のある人をリクルートして、自分のダウンラインにつける事が出来れば、すごいことになります。

でも、実際には、そんな夢のようなことは普通の人には起きません。

トップリーダーの下で一山幾らの付属品(ばかばかしさを強調するためにあえて書きました)のようにあっちにこっちに、振り回されるだけなんて、ばかばかしいことにならないようにしなければ!

じゃあ、普通の人が、こつこつダウンを獲得して、組織を構築して収入を得ることは可能なのでしょうか。

この事は、私にとっても、ネットワークビジネスに夢を託すすべての人にとって、とても重要です。