被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

大手と言われるMLMで被害に遭った人が多いのはなぜか?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

会社やメーカーが大手と呼ばれる場合、その言葉は賛辞以外の何者でもないでしょう。

知名度、売り上げ、安全性、将来性、実績…等、あらゆる点でトップクラスの会社であると言われたことになります。

では、ネットワークビジネスの大手と言ったら、どこでしょうか。

おそらく売り上げランキングで上位のネットワークビジネスを大手と呼ぶのが普通でしょう。

大手と言われて、みんなが名前を挙げるのは、

アムウェイ ニュー○エイズジャパン ニュースキンジャパンそして、三貴商事でしょうか。

ざっと見て、口コミで有名な会社が多いですね。そして、これら大手のネットワークビジネスに対しては、賛辞とともに、批判や苦情の声もあります。

でも、それは仕方が無いのかもしれません。

サプリの必要をさほどに感じていない日本人を相手に、サプリメントを売りさばこうとすれば、熱心のあまり断定的な口調にならざるを得ないのでしょう。

私たちは、この誤解を取り除く努力をしていかないといけません。

これからは、業界にいる人たちが一丸となってこの日本人の誤解を取り除かなければ、日本のネットワークビジネスが伸びていかないと思います。

今こそ、「マルチ=悪徳商法」の汚名を晴らす事を、本気で考えなければ…

そんなことは、まだまだ難しいと思いますか? いいえ、

その証拠に、一つの会社が、だまし追っかけ説得なしでメンバーを獲得しています。

強引でない方法で楽にビジネスメンバーが増やし、本当に人から感謝される

ネットワークビジネスは、もうすでに存在するのです。