被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

組織運営の秘密、多く与える人がより多く稼げるという原則


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

Flower3.jpg

ネットワークビジネスは、組織を上手に運営することが出ないと、稼ぐことができません。つまりコミニュケ-ション力が大事といえます。

しかし、 長年MLMに携わってきた人の中には人間関係に疲れ果てた人かもしれません。

インターネットのビジネスを好む人というのは、人と人とのコミュニケーションが、やや苦手な傾向があるのかもしれませんよね。

そもそも、クチコミをしないネットワークビジネスで稼ぎたいと思っている方は、口コミで辛い思いをした人たちです。

口コミで経験した事が、辛ければ辛いほど、このインターネットのビジネスに惹かれる気持ちは強いようです。

あなたはいかがでしょうか。

たとえそうであっても、人間関係をうまくやらなければならないことは、ネットでも口コミでも、全く同じです。

アップとの関係、ダウンとの関係、組織のまとめ方、モチベーションを維持する工夫など、インターネットのビジネスでもうまくやっていかなければなりません。

避けては通れないのです。

自分がしてほしいことは、人にも同じようにしなければならないといったのは、イエスキリストでした。

これを黄金率と言うそうです。

最初は、インターネットのビジネスは、面倒がなくていいなあと思っていた私ですが、徐々にこの中の組織運営が楽しくなってきたのです。

そう、組織に対して見方が変わったのです。

このビジネスの素敵なところは、与えようとすればするほど、自然に受けるようになると言う事です。

このことがわかると、組織運営はとても素敵なお仕事になります。

ですから、逆に求めるばかりで与えようとしない人は、稼げないということも言えます。

不公平なことは、何もないんですね。

真実は、与える人が稼げるということ。

ただ、聖書には、ふさわしい人に与えるようにとのアドバイスもあります。

豚に真珠を投げては行けません。力も時間も無尽蔵ではないですから、与えるべき人を間違えないようにしなくてはいけません。

また、家を建てるなら岩塊の上に建てるようにとも書いてあります。

自分は受けるべきものを受けていない、受け損なっているという感情が常に見え隠れする人は、どんなに一生懸命に人を集めても組織が自分のために動いてくれないということがないでしょうか。

ネットワークビジネスは、人生の縮図なのかもしれませんね。

家庭の主婦の私などには、一生かけても学べなかったと思う、素晴らしい教育プログラムがネットワークビジネスにはあります。