被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

船井幸雄氏はネットワークビジネスを肯定した人か、否定した人か?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

船井幸雄氏は、1933年1月10日生まれ、大阪府出身の経営コンサルタントです。

1956年に京都大学農学部農林経済学科を卒業。株式会社船井総合研究所(創業時は日本マーケティングセンター)の創業者となりました。

https://www.funaisoken.co.jp/sitelink/

株式会社本物研究所、船井メディア、船井財産コンサルタンツ、船井本社代表取締役会長。当初は13人で日本マネジメント協会から独立した。経営コンサルティングの手法としては『地域一番店戦略』が有名。

この船井幸雄氏とネットワークビジネスの関連を見ていくと、「船井幸雄が斬るネットワークビジネス」という本を読んだ方がコメントしているブログに遭遇しました。この方は、船井氏もネットワークビジネスについても、よく知らない方なので、中立的な資料だと思って読んでみました。

この本の中で、(船井氏は、)ネットワークビジネスこそ未来のビジネスだという。それを担っている人は、自主性にあふれた信用できる人であり、これからは現在の複雑な流通機構に替わってこうした人が日本の繁栄を導く・・・のだとか。かなり肯定的ですね。

また、この本がかかれた1999年、10年以上も前のデータで、日本でのネットワークビジネスの従事者が何百万人もいるらしい。と書いてあったそうです。

現在日本では、会員数が642万人がいるようですね。(月刊ネットワークビジネスの今年のアンケート調査)これは、2010年の9月の同アンケート調査から比べて100万人の減少らしいです。

(実際は、アンケートに協力した企業が51社にすぎず、推定をふくんだ数字)このうちの、実際にリクルート活動や販売を行って収入を得ているビジネス会員数は、70万人ほどという発表がされていますね。

大手企業ほど、愛用者の割合が高いと書いてありましたが、全くその通りでしょうね。

というわけで脱線しましたが、

この本の中で、日本のネットワークビジネスの売り上げが世界の40%を占めると書いてあったそうですが、2010年のデータ―では、世界中の売り上げが、10兆8422億2200万円、日本の売上高は、1兆8580億3800万円だから、そうすると、17%ですので、40%という船井氏の記述は、大げさという事になりますね。

船井幸雄氏は、ネットワークビジネスに対してあまり詳しくなく、参入もしていないという事でしょうか。

経営コンサルティングの神様としては、迷惑な記事になってしまったら申し訳ありません。

しかし、ネットワークビジネスに対して経営の神様、船井氏が肯定的な書籍を発行していたことは、確かなようです。

巷では色々、否定的な意見も多いネットワークビジネス。しかし、このように景気低迷の中、これだけの売り上げを上げるビジネスモデルをいつまで否定し続けることができるでしょうか。