被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスの詐欺にあいました。


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

こんな内容の相談が、知恵袋に出ていました。

ネットワークビジネス詐欺にあいました。」 資金がかかり毎月報酬がなければ返金保証参加しました。 メールと携帯電話無視で返金する日から連絡つかなくなりました。 それで、内容証明で督促 小額訴訟 警察に届けをやりたいのですが、住所は会社の住所らしきものはわかります。 電話はつかわれていない 名前は本名 電話携帯留守電になります。 ブログやってる それで、内容証明で督促をやらずに 小額訴訟をやったほうがいいのか迷っています。家族にはばれないよにできますでしょうか?裁判所にいけば、教えてくれるのでしょうか?それとも先に無料で弁護士とかに相談したほうがいいでしょうか?

保証がある投資といったら、銀行の利子くらいのものですよね。ネットワークビジネスは、報酬をするようなビジネスではないので、これは投資詐欺であることは、一目瞭然ですね。

そこのところの認識の甘さ、冷たくいうなら、この人の無知に付け込まれたというのが、現実です。

ネットワークビジネスというと、そんなビジネスだと思っている人が、まだ多いんですね。

健全なネットワークビジネスもたくさんあるということを、知ってほしいと思いました。

無知と、貪欲な心の隙に付け込んでくるのが詐欺の常套手段なのですから、いつの場合も、おいしい話は話半分と覚えておきましょう。

結婚詐欺でも、投資詐欺でも、性犯罪でも、ワンクリック詐欺おれおれ詐欺でもです。

結局、今回の相談のような場合、誘った側が罪に問われても、ご相談者のお金は戻ってこない可能性が高いようです。