被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ねずみ講とネットワークビジネスとの違いを説明できますか。


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスねずみ講の違いを、うまく説明できる人は、少ないようです。

ていうか、ネットワークビジネスねずみ講と同じだと思っている人が30パーセント以上いるんですってよ。

えーーーーーーー????

ある雑誌のインタビューによると、悪意があるとか被害を出すかという観点で、マルチとねずみ講は区別されると思っている人が多いとか・・・・

はあ~~

ねずみ講って、英語で何というんでしょうね。

翻訳サイトで調べたところ、Ponzi scheme でした。ねずみ講は、もともとアメリカで発達したと言われていて、1960年代に日本に上陸して広がったようです。

1978年に、無限連鎖防止法が成立し、ねずみ講は禁止されるようになり、もし、今ねずみ講を開設・運営すると、3年以下の懲役を科せられます。

さて、ねずみ講の定義

◆ウェビリオ weblio辞書~時事用語のABC~

によると、

ねずみ算式に加入者を集め金銭の授受を行う経済行為 金銭を支払って加入した人が、他に2人以上の加入者を紹介・あっせんし、その結果、出費した額を超える金銭をあとで受け取ることを一般にねずみ講と言う。増殖する加入者の組織が破たんするまで続くことから、無限連鎖講とも呼ばれている

歴史的沿革

歴史的沿革としては、室町時代以降、盛んになった『講』と言う相互扶助組織が、純粋に金銭出資を目的として互いに営利を図りあう『頼母子講』のような組織に発展し、近代になり法の整備がなされ、営利無尽や相互金融に発展してゆく流れが勃興する近代資本主義の中で起きた。 その中で、出資が本来、投資して目的の事業で投資資金を回収するための行為であるにもかかわらず、講の構成員がさらに構成員を勧誘し、組織員を増やすことによって莫大な資金を生むことに目をつけ、組織の構成を出資金を効率よく集めることだけに集中して行われるようになったのがネズミ講と思われる。(要調査)

なるほど~初期には、良い動機だったものが、しだい悪用されて犯罪として発達したという説もあるんですね。

法律

第二条 この法律において「無限連鎖講」とは、

A 金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。以下この条において同じ。)を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、

B 先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの段階に応じた後順位者とな り、

C 順次先順位者が後順位者の出えんする金品から

D 自己の出えんした金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする

E 金品の配当組織をいう。(総務省法令データー提供システムより)

ねずみ講は、誰かから巻き上げたお金を分配するシステムですね。お金を出す人は、そのお金が、増えて戻ることを期待して出資します。

でも、ネットワークビジネスは、商品を販買する商売ですから、普通の商売と変わらないですよね。購入する人は、その価値があると思うからお金を払うわけです。

そうして愛用者をたくさん獲得した人が、その努力に対して、会社から報酬を受け取るのがネットワークビジネスです。

問題が起きるとすれば、価値のないものを、ビジネスチャンスという付加価値を上乗せして、法外な値段で流通させた場合は、ねずみ講と変わらないケースも起きると思います。

投資したら、必ずお金が何倍にもなって返ってくるというような話は、ギャンブルとしては面白いかもしれませんが、法律で罰せられる危険がありますし、他人に大きな損害をもたらすものですから、関わるべきではないでしょうね。

広義では、ネットワークビジネスねずみ講と呼ぶと、にこにこ大百科にありましたが、そういわれても仕方がないようなネットワークビジネスも、中にはあるという事ですね。

暗い話になりました・・・

でもね。

殆どのネットワークビジネスは、そうではありません。