被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

MLM主催企業のコンプライアンス意識をネットワークビジネス専門雑誌が調査


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

コンプライアンス意識の高まりを見せるネットワークビジネス業界。

ある雑誌のアンケートによると、消費者センターに定期的に訪問を行っているネットワークビジネス主催企業は、43.5%に上るという結果が出たようです。

意外に多い?少ない?あなたはどう思いますか?

「1~5回」「21回以上」がともに27.8%で、多かったそうです。

各社のコンプライアンス意識が高まっている証拠といえるでしょうね。

もっとも訪問回数の多い主催企業は、11年度、550か所の消費者センターに577回も訪問しているそうです。どこなんでしょうか・・・

クレームが発生した場合、即日対応、一日という企業がほとんど。

また、会員登録時に、適正な勧誘を行ったかどうか、主催会社から確認の電話を入れたりして、何らかの確認を行っている会社は、全体の半数以上あるようで、そういう企業ではディストリビューターの監督がある程度行われているという事は言えるでしょうね。

とても良い傾向だと思いました。

このように、被害を出さない方向で成長しているネットワークビジネス。参加を検討する時には、こういったコンプライアンス意識の確認も同時に行うといいでしょうね。