被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

OEMとは?それほど価値のない製品を高額で売る悪質マルチ業者に注意


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

eyes0280_thumb.jpg

ネットワークビジネスは、メーカー主催の場合が多いですが、製品を製造する企業と、そこから製品を仕入れて販売だけを行うネットワークの会社が持ちつ持たれつの関係で行うネットワークビジネスもあります。

レシピを渡して、製造を依頼するケースが多いのかもしれません。ですから、購入したのは、○○社なのに、製品の製造会社が違うなんてよくある話です。

餅屋や餅屋、ということですよね。こういう製造会社を、OEMといいます。

OEMとは、Original Equipment Manufacturing、または Original Equipment Manufacturerの略語で、委託者のブランドで製品を生産すること、または生産するメーカのこと

製品を作ることができるが、販売が苦手な製造メーカーが、ネットワークビジネスの会社に製品をまとめて買ってもらえばメリットが大きいですね。

この場合、製造業者がしっかりしていて誇りを持って生産している会社ならいいですよ。もちろん、そういう会社がほとんどです。

でも、もし、そうでなかったら・・・恐ろしいことが起きます。

ネットワークビジネスのシステムで儲けようと思っている販売業者は、製品を安く大量買いをして、ビジネスチャンスというおまけをつけて粗悪な製品を高額でガンガン売って、利益を出すことも可能性としてできることになります。

たくさん儲けるためは、製品は安いに越したことはないですよね。悪質な会社は、なんでもいいから、安い製品を探すかもしれません。

そんなビジネスに参加した人はいい迷惑です。

あなたの考えが、もし製品はどうでもいい、儲かればいいというものなら、そういう会社に縁が出来てしまうかもしれません。最悪の場合、製品は粗悪でやたら高くて、大量買いを求められる上、メンバーも増えないし、挙句に業務停止、あるいは会社の倒産。

その後、会社は他社に買収されて、定期購入だけが継続、知らない間に引き落としだけが続くが、報酬はなくなる。

別にね、同業者の悪口を言いたいわけじゃないんです。

でも、ネットワークビジネスの商材がどんなものかを、よく確認する必要があるということを言いたいんです。

製品が確かな会社を選べば、製品を愛用することにメリットがあり、ビジネスチャンスもあるので理想的です。

しかし、価値のない、販売に適さない製品を、ビジネスチャンスという付加価値をつけることによって売ってやろう儲けてやろうという悪質な企業にだまされないようにしたほうがいいです。