被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスとはどんな形態の販売方法なのか?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスは胡散臭い詐欺商法と思っている人もいるかもしれません。

でもそれは誤解です。世界的規模の大企業がネットワークビジネスの形態を用いて製品を販売している事、ご存じですか?

ネットワークビジネスに批判的な人が多いのは確かです。

でも、それははっきり言って、事実を知らなすぎます。

最近まで、日本で展開していたネットワークビジネスには、一攫千金を狙う人ばかりが集まる胡散臭い場所というイメージがあったと思います。

でもネットワークビジネスは、本来、真面目で健全なマーケティングの形態の一つです。

企業が自社の製品を販売するための形態と言えば、単純に言って、直営店、または小売りのお店に卸して売ってもらうか、通信販売で売るというのが普通ですね。

具体的には、店頭にある製品を売るために、TVでコマーシャルをする。または、新聞に入り込みチラシを出す等の方法です。。

通販の場合、ニッセン等のやり方はカタログを無料配布ですね。本屋さんにも、置いていますよね。その他に、ダイレクトメールを送る等のやりかたもあります。

では、ネットワークビジネスはどういう販売形態かというと、商品を店頭に置くこともなく、テレビや新聞に広告を載せることもありません。

ネットワークビジネスの会社は、自社で黙々と良い製品を作り続けます。

そして、愛用している人に権利を与え、その人が紹介して誰かが製品を買ったときには、紹介社の方に報酬を払うという仕組みです。

それが1回限りだと、アフィリエイトと同じですね。

ネットワークビジネスは、その紹介された人が、この先買う製品の全ての金額に一定の率で報酬が支払われるのです。

そして、その紹介が、さらに2段3段とダウンラインが続いていけば、そこに生じた流通の全てに報酬が出るようになるのです。

このへん、胡散臭いですか?

企業にとっては、会社に利益をもたらした人にお礼をしているに過ぎません。実際には数%の還元ですが、それでも不労所得です。

購入する人も、ネットワークビジネスの販売形態から益を得ます。

製品は、生産工場から直送で届きますから、新鮮です。中間業者が一切入りませんから、製品の価格はかなり安くなります。

倉庫や店頭で、売れなかった製品が処分されたり、半値でオークションに出される事もありません。もちろん、セール品としてワゴンに並んだりもしません。

この販売形態は、今後も伸びていくと思いませんか?

全ての人に益が有り、無駄がなく(エコ)、おかしな製品を売っている企業は自然淘汰され、良い製品を作って入る企業だけが生き残っていける仕組み、この合理的な仕組みを持っているのが、ネットワークビジネスです。

私は、今後もっと多くの企業がこの販売形態を選択するだろうと思います。

例えば、二十数年後

その頃、あなたは何をしていらっしゃるでしょう。

年金が足りないと、ぼやきながら生活しているでしょうか。

それとも、不労所得に感謝しながら、豊かな暮らしをしていたいと願いますか?