被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

収入の額に惹かれてMLMに参加する人は大成しない


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

最近ご縁があったお客さんから、このネットワークビジネス兼業でやっていいかというご相談をお受けしています。

おそらく、私のビジネスに対しては、かなり乗り気なんだけど・・・もう一方で誘われているビジネスも捨てがたいという事でしょう。

私の話は、他社のネットワークビジネスディストリビューターの方の話に比べると、相当そっけないかもしれません。

だから、兼業で行こうかなという話になるのだと思います。

結果、このビジネスは長期的に確実に稼げるのだという事はわかって下さるのですが、耳をくすぐるような話をしないので、吸引力が今一つなのかもしれません。

それに比べて、口コミのネットワークビジネスは、収入の額でひきつけようとする場合が多いですよね。

たとえば、

「私は2年やってるけど、月収65万。私のアップは、3年だけど、もう7ケタ稼いでるわよ。」

「お友達に声をかけて、興味ある人を教えてくれるだけでいいの。私が決めてあげるわよ」

嘘ばかりとは言いません。ひょっとしたら、本当かも、知りませんよ。

でも、気を付けてくださいね。早くたくさん儲かるということを、最初から強調する口コミビジネスは要注意だと思います。

私は、あまり期待を持たせて被害者を作るようなことはしたくありませんから、いつも、「大変で、なかなか儲からないビジネスよ。」なんて、興ざめな話ばかりしています。

口コミのビジネスの勧誘では、絶対に言わない話ですよね。

でも実際問題として、ネットワークビジネスで収入を作るには、精力的なビジネスメンバーを見つけて、リクルートの方法をびっしり教え込まなければ、組織をがんがん拡大させて大儲なんてできません。

人脈のある方は、それを使って紹介を出していけばいいですが、それも有限な財産であって、いつか途切れるときが来ます。

耳をくすぐる勧誘をするから、期待に胸を膨らませて参加して、夢破れてしまう自称被害者が後を絶たないのではないでしょうか。

リクルートのときに、どんなにかっこいい話をして人を集めても、その魔法はいつまでも続きません。セミナーに行くのは自由ですが、その魔法に対する耐性をぜひ身につけてほしいと思います。

私は、自分が本当に成功できるノウハウを持っていると思いますから、美味しい話は一切しません。参加しても、努力しない人は教えようがないですから、むやみに数を上げようとは思わないのです。

その辺は、私は徹底していますよ。まず嘘は言いません。美味しい調味料は一切なし、魔法もかけません。(笑)

よくお客さんから、収入を聞かれるのですが、絶対に金額はいいません。なぜなら、収入の額に惹かれてきた人は、まず大成しないからです。

そういう方は、諦めが早く、よそからの誘惑に弱いです。正直言って来てほしくないんです。

つまり、収入の金額で引きつけてメンバーを増やしても、一時的には組織は伸びるけれど、すぐにダウンが不活発になって組織は伸び悩むという事になりがちなんですね。