被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

知っていました?あれも、ここも、ネットワークビジネスの会社


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

あの会社も、ネットワークビジネスの会社だったのか・・・あとから、びっくりーー。

三基商事とか、ノエビア、ダイアナ、高陽社でしょうか。誘われたとき、ピンと来ない私が鈍かっただけなのか・・・

ダスキンは、ネットワークビジネスではない?でも、ちょっと似ている気がしますが。

逆にネットワークビジネスだと思ったら、そうではないらしい会社もあります。例えばアトミなど、購入が義務ではないので、厳密に言えば連鎖取引販売のくくりには入らないそうですよ。

訪問販売の化粧品会社なのに、ネットワークビジネスだという会社もあり、サロン展開している化粧品の会社が実はネットワークビジネスだったり・・・

何がなんだかわからない。

じゃあ、ネットワークビジネスの定義とは? 特定商取引法で、以下のような条件を全て満たす販売取引が連鎖販売取引とされる。

  1. 物品の販売(または役務の提供等)の事業であって
  2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
  3. 特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
  4. 特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

Wikipediaより)

特定利益と特定負担というのが、なければネットワークビジネスではないと言う事だと思うんです。

単純に言えば、自分がその会社の製品を愛用したり、登録料(特定負担)を支払ってディストリビューターとして登録し、その会社の製品を、他の人に紹介して販売を促進し、愛用者を増やせば、会社から収入(特定利益)が支払われると言う事があれば、ネットワークビジネスなんですよ。

明らかにネットワークビジネスなのに、ネットワークビジネスランキングに名前が出ているのに、会員は、「ネットワークビジネスではありません!」と言っているケースさえあります。

ネットワークビジネスの定義、どうも曖昧に感じますね。

通販や訪問販売、美容サロン、健康食品のショップ、耳ツボダイエット、いろんな形で存在するネットワークビジネス。報酬プランや報酬をもらうための条件というものが、あるのかないのかは、会員にしかわからないですよね。

でも、待って!ネットワークビジネスなのに、それを相手に知らせずサロンやセミナーに連れていくのは特商法違反ですよね。

曖昧にしてはまずいんじゃないでしょうか。