被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

Wikipediaで見るネットワークビジネス


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

Wikipediaで、ネットワークビジネスと検索したことがある人は、かなりの数おられるのではないでしょうか。

でも、何回読んでも意味が分からないと言う方もいらっしゃるでしょうね。

ネットワークビジネスに関しては、立場が違えば印象も見解も違います。

Wikでは、取り締まる法律側からの定義を説明しています。つまり、アンチ派の人に歓迎される解釈ですね。

たとえば、Wikにこうあります。 連鎖販売取引は実質禁止といってもいいほど厳格に規制されている。」

要するに、Wikはこのネットワークビジネスのシステムを利用して、悪質な行為を行う者を取り締まることを目的に書いていますから、当然ネットワークビジネスを悪く言わざるを得ないことになります。

ここで忘れていけないのは、ネットワークビジネスの基本的な考え方です。これを、案外知らない人が多いのではないでしょうか。

商品を製造、または何らかのサービスを行う人が、顧客を増やそうとして何らかの宣伝行為を行うとした場合、その宣伝方法は幾つもあります。

一番原始的なのは、行商をして歩く商売でしょうか。それから、店舗に卸して販売を委託する方法も古くからある販売方法です。

さて、問題のネットワークビジネスは、おおざっぱには訪問販売のビジネスの仲間に入るかもしれません。

本来のネットワークビジネスは、非常に単純なビジネスです。

「あなたが使って良いと思ったら、知り合いに勧めてください。あなたが起こした流通に対して一定額の比率でお礼を支払いましょう。」

このお礼とは、メーカーからすれば宣伝費と同列の経費であって、テレビCMで、人気タレントと契約するのに支払う金額より当然安上がりです。

この、お客さんを紹介してくれたら、あなたにお礼をしますよ。というのは、犯罪ですか?

どなたでも、判断がつきますね。これだけで犯罪にはなりません。