被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

就職したいけど求人がないからネットワークビジネスでもやるか~の罠


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

200200078-001.jpg

仕事を失って、ハローワークに行っても求人が少ないから、ネットワークビジネスでもやろうという方も、結構いらっしゃると思うんです。

ネットワークビジネスは、確かに立派な仕事です。これを、もし副業としてでなく、本業として一日に8時間以上、(通勤時間がないことを考えれば、12時間でも)、真剣に取り組むことができれば、失業手当を貰っている間でも収入を得ることができるようになると思います。

もちろんその条件は、ちゃんとしたマニュアルがあって、実績のあるノウハウが確立していて、経験があって責任感あふれるアップが結果が出るのを見届けてくれるところに限ります。

ただし、データー入力などの在宅ワークを紹介するSOHOと同じ感覚でいるとしたら、認識を新たにしてもらわなくてはなりません。

マニュアルがあって、わからない事は教えてくれるというところまでは、SOHOと同じように見えます。でも、ネットワークビジネスは、SOHOの求人とは、考え方が違います。

ネットワークビジネスがSOHOと大きく違うのは、仕事量に対して給料を支払われるのではないという事です。

どんなにたくさん広告を出しても、どんなにたくさんブログを書いても、顧客リストを集めて紹介を出すことができなかったら、収入にはなりません。紹介を出して初めて収入になるのですから。 仕事量が少なくても結果を出せる人がいたり、どんなに仕事量を多くしても、結果が出せない人もいるから、個人事業、独立起業なんです。

オフラインなら、チラシを配ったり、自分の知人や過去に関係のあった人をリストアップして声をかけるという仕事の内容になるかもしれませんが、それでも、結果が出せる人と出せない人がきっといるはずです。

ですから、試しに求人に応募するような気持ちで、ネットワークビジネスに来るのは大きな間違いです。結果がでない仕事に、給料はでません。見習い期間でも給料が出されるサラリーマンとは大きな違いです。 この辺の認識の間違いから、たまに誤解が生じる事があります。

話が違うじゃないかとなって、ネットワークビジネスは違法だと大騒ぎする人たちがいるのです。サラリーマンしかやったことがない方かもしれませんね。

どんなにアップがサポートをしても、本人が努力をしても、なかなか結果が出ない人はいますが、それには必ず原因があるんです。多くの場合、それは目に見えない心の問題であることが多いようです。

どんなに周りが協力しても、手の届かない心の奥の奥に原因が隠れている、そんなケースが多いような気がします。

ネットワークビジネスの広告は、就職の求人情報と同じではありません。独立起業、フランチャイズのビジネスの方がいくらか近いですね。自由度はもっと高いですが。

仕事に就けないから、求人があまりに少ないから、ネットワークビジネスをやって収入を得ようとして成功する人は、今までにもいました。

でも、本業としてやるのなら、一日に2時間でいいと思ってはいけません。成功した方は、10時間も15時間も、背水の陣で、作業をしてきた人ばかりなのです。

情報商材でも、アフィリエイトでも、インターネットのビジネスで成功した方はみんな同じだと思います。もっとも、絶対本人はそうは言いませんけど・・・

成功者は、どの分野の方もクールでかっこよく見えますよね。