被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

そのMLMの商品、ネットショップで5000円も安く売られていましたよ!!


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

この前、ある方から紹介されたネットワークビジネスですが、商材の製品がとても気に入ったので、ネットショップで売っているところがないか探してみたんですよ。 そうしたら、5000円も安い価格で、堂々と販売しているのを見つけました。 という事は、5000円上乗せしてネットワークビジネスにしているということになります?

つまり、ビジネスチャンスの欲しい方は、収入の見込みがある分、高い値段で買いなさいって言う理屈でしょうか。

この考え方は、おかしくないですか?

ネットワークビジネスは最終的には製品力で広げていくビジネスなのに、格段に安い金額で売っているお店があると言う事実。

もっとも値段がやや違うくらいなら良いですよ。商品代が5000円も違ってたら考えますよね。消費者は馬鹿ではないです。

せっかくサンプルを渡して良い商品だと思ってもらっても、そのお客さんが安いネットショップを探して買ってしまわれたらおしまいです。

ネットワークビジネスにもいろいろありますが、製造メーカー直営のネットワークビジネスの方がいいという事は、このブログで何度も申し上げていますが、その理由は実はこれなんですよ。

製造メーカー直営ではないネットワークビジネスは、どういう仕組みになっているかと申しますと、会社側からレシピを渡して製造を委託する場合と、製造している会社から製品を買い取って商材にしている場合があると思います。 会社からレシピを渡して製造を委託する場合、これは問題は起きないはずですよね。もし、この製品がネットショップで売られていたら、会員の方が運営しているということでしょうね。

でも、購入された製品で展開しているネットワークビジネスの場合、ネットワークビジネスとは違うルートで売られるケースも100%ないとは言えません。

せめてパッケージを変えてくれたら良いんですが、同じキャッチフレーズでネットショップで売られたら、すぐに見つかっちゃいます。良く探すと、ありますよね。こういう製品。

ネットワークビジネスは、メーカー直営が良いと、私が思うのはこういう理由です。

これは、オークションで物があふれているネットワークビジネスも同じですね。

オークションに出品したり、ネットショップで格安で販売したりしてはいけないと、会社の規約にあるのは当たり前ですよね。

こっそり買い取りセンターで買ってもらうことも、もちろんよくありません。結局、自分の首を絞めることになります。