被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットで稼ぐMLMに来る人は、どこに魅力を感じたか?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

MLMMLM。インターネットで展開しようが、クチコミで展開しようが、MLMビジネスには何ら変わりはないと思っておられる方が多いと思います。

確かに、ビジネス資料を見れば、報酬プランや参加条件といったビジネスプランに関して、どのMLMビジネスも大きな違いはありません。

私たちがいただける報酬は、自分の紹介した人が買った製品のポイントの数で、決まってきます。即ち、製品を買ってもらって、その流通ボリュームを増やしていく事で収入にしていくビジネスです。

このように言うと、いきなり拒絶反応を示す人が多いです。 「何かを勧めて買ってもらうなんて、私にはそんなセールスマンのような事はできない」なんてね。

確かに、こういったMLMで報酬を大きくするには、製品を買ってくれる仲間をどんどん増やさなければなりません。しかも愛用者さんは、きまぐれです。やっとの思いをして買ってもらっても、一回限りという事が多く、収入は安定しません。苦労し甲斐のない仕事ですよね。 ですので、こういうビジネスは堅実に組織を大きくしていくには、愛用者より、ビジネスメンバー(一緒に働く仲間)を増やしていくことが大事です。この事は、未経験の方でも容易に、理解できると思います。

このメンバーを集めることを、スポンサーとか、リクルートとか言う呼び方をします。

私のインターネット展開のビジネスが、他社のビジネスと大きく異なるのは、このメンバーを集めるやり方なのです。

他社MLMの殆どは、インターネットによるリクルートを禁止していますから、元々持っている知り合いをリストアップして電話をかけて製品を買ってもらったり、ビジネスチャンスを説明したりしています。

この方法だと、次々と人間関係を広げていく事ができる方は別ですが、普通の方は、声をかける人がいなくなったら、それ以上ビジネスを大きくすることができません。

また、たくさん知り合いのある人は、友達を大事に思う方が大半ですから、その大事な友人に迷惑をかけたくないとか、MLMをやっている事を知られたくないと思う方が多く、実際は活動するのは難しいです。

その点、知人友人を誘うことが不要な私のビジネスは、どなたにもできます。それが、インターネット展開のビジネスの魅力ですね。 ネット上には、MLMをやりたい方がとても大勢いらっしゃいます。インターネットで展開すれば、MLMに関心があり、ぜひ参加したいと思っている方を、幾らでも見つけることができるのです。 そんな方を見い出して、インターネットで仲間を増やす方法を教えていくのが私の仕事です。 それができるのは、メンバー育成のシステムとチームの協力があるからこそです。

ビジネスが初めての方でも、パソコン初心者の方でも、このシステムを使えば、自らもセールスパーソンとして成長できますし、その経験を生かしてメンバーを育成する事ができるようになります。 教育システムのあるビジネスを見つければ、誰でも努力すれば成功できます。あとは、心の強さの問題だけですね。