被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

あなたはネットワークビジネスの被害者ですか?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

儲かると思ったが、見当違いだったからネットワークビジネスを辞めたという人、こういう人は、思い込みをした自分が間違っていたただけで、被害者ではありませんよ。

ネットワークビジネス自体が悪質で、あなたが初心者なのを良い事に、最初から被害者にしようとして近づいたのかもしれません。そういう所は結構ありますから。

参加してお金を払ってから、セミナーの話は嘘ばっかだったとわかった。入りたくなかったんだけど、強面の会員に取り囲まれて説得された、登録しなければ帰らせてくれなかった。クーリングオフ・返品は認められないと言われた。その場合は迷わず消費者センターに駆け込みましょう。

対策は、結婚詐欺やカルト教団に対するのと同じです。 詐欺師に会ってしまったら、傷が小さいうちに手を切りましょう。お金を出す前に、よく考えましょう。それしかありません。もしもすごまれたら、躊躇せず警察に相談しましょう。

でも全てが悪質なネットワークビジネスではありません。正常な仕組みを持っているネットワークビジネスでも、自分は被害者だと言う人が出る場合があります。

「継続出来れば儲かったと思うが、自分は続けられないので、残念だけど諦めた。」というなら、どうですか?冷静に考えれば、被害者とは言えないはずですね。

でも結果として、お金を使ってしまったから被害者だと感じる人がいるようです。

製品が良いと思ったが、そうでもない、そもそもシステムが悪い、支給されたホームページが良くなくて集客出来ない。儲けるノウハウを教えてくれなかった会社が悪い、ほったらかしのアップは都合が悪くなってとうとう雲隠れ、音信不通だ、人間関係が嫌になった、 空き時間で出来ると思ったけど、儲けるにはもっと時間が必要だった。収入が微々たるもので甲斐がなくやる気がなくなった、資金が底をついた、家族の反対でやむなく…、等々。 ネットワークビジネスを辞める理由って、ざっとこんなところですか?

なるほど、と思いますけど、よく考えてみてください。参加する前に調査していれば回避できることが大半です。

自分は被害者だと思っているあなた。他力本願の考えは捨てましょう。もう被害者になるのは嫌だと思うなら、確かな知識と冷静な判断力で、自分にとって成功可能なネットワークビジネスを見つけるしかありません。