被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

「自分にできてもダウンにできない」ダウンフォローの最大の悩みとは


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

57283092.jpg

ネットワークビジネスは、チャンスだという事は、みんなわかっています。そのチャンスを進んで得ようとする人と、相手が得させてくるのを待つ人がいらっしゃいます。

あなたはどちらですか?

どちらが良いかと聞かれたら、自分で進んで得ようとする人が良いに決まっています。

どんな風に良いか?

まず、そういう方は結果を早く出されます。

アップから見ても、最高のダウンさん。 手がかからない。ご機嫌をとらなくていい。マニュアルを渡せば、自分で結果を出してくる。

そう方は、どのビジネスに参加しても、さくさくダウンを増やすことができます。 でも、そんな凄い方でも大きな壁に直面する時が来るんです。

動かないダウンを、サポートする事ができない、結局◎のメンバーに育てる事ができないという事です。

そこで大いに悩んでいるあなたは、少し、考え方を調整する必要があるでしょう。

最初から、◎の人は少ないんです。もしかしたら、入る方の多くはアップが自分を成功させてくれると思う人、そういう△の人が大半かもしれません。

その△の人を、○にして、◎にしていくのが上手い人が、一番稼げることは言うまでもありません。

△の人は、放っておくと、やる気をなくして、アップに不満を持つようになり、×になって消えていきます。これを、○にするには、相当な努力が必要です。

だから、直ダウンをたくさん抱えても、去られてしまう人がいるのも、そのせい。

本気で被害者を作らないビジネスにするには、△の人を○に変えるノウハウを確立しなければいけないと思います。誰にとっても課題かもしれませんが、ぜひとも成功させたいですね。。 一方、他ビジネスで、つらい思いをして転向してきた方は、アップに頼らないでノウハウやマニュアルを貪欲に欲しがる人がいます。提案があれば、ダッシュで行動して確かめようとされます。 すなわち、こういう人が最初から○の方だと思うんです。

ところが他のビジネスで苦労しても、△どころか×になっているように見える人もいます。そういう方は、気持ちを変化させる必要があるかもしれません。

これは、アップにはどうにもなりません。でも、小さな結果を、コツコツ出していくうちに、必ず解決できますよ。