被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネス縁故募集の甘い罠。騙されてはいけません!


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスのビジネスメンバーを 募集する際の、「縁故募集」といううたい文句をよく見かけます。

でもさ、「縁故募集」って言葉、使い方が違うんじゃないの?

それで、調べました。

「縁故募集」というのは

1 求人の際、経営者・従業員と特別なかかわりあいの ある者に限って募集すること。 2 株式や社債を募集する際、その対象を役員・従業員・ 取引先・金融機関など関係者中の特定の者に限定して行うこと。

ネットワークビジネスなどのビジネスには、もともとそんな言葉は存在しません。

「縁故募集」の言葉のイメージを利用した宣伝効果を狙っているだけです。

「この広告を見ている人だけを、特別にご招待しますよ。限定的に、特典があります」

自分だけ、特別扱いというのは気分いいですよね!確かに!

でも、早く参加した一部の人だけ儲かるっていう事は、裏を返せば・・・

後から参加した人はどうなの?って 思いませんか?

うちは縁故募集でやってるんで、もう定員に達したから 今参加しても、もう儲かりませんよ。なんて、暗に言っているのと同じです。

縁故募集って形でメンバーを募っている会社は 、その広告に群がってくる登録者をカモにすることだけを、目的にしていると思ったほうがよさそうです。

僅かな登録費用だって、数集まればいい収入です。だから、上手く人が集まらないと、オープンを先延ばしにするんだわ。

さあ、プレオープンです。本登録をどうぞー!!!

やっと来たー!

仮登録の方が、喜び勇んで振り込みをしたら、そのお金を持って幹部一同が「ドロン」だったら、どうする?

彼らが逮捕されたって、お金は返ってきませんよ。

よく調べた方がよさそうですね。