被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

誇大広告掲載の健康食品、業者名公表へ


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

今日のテレビで見たんですが、健康食品の効能をうたう広告を取り締まる

方向で消費者庁が動き出しましたね。

この目的は、 健康食品で病気が治るという宣伝を信じて、病院に 行かないで治療が遅れて手遅れになったというような、事故は起きない ようにすることです。

MD001519.jpg

こんな事が書いてありました。 ↓ 事実でない表現や誇大広告が少なくない健康食品は、効果を信じて医療機関を受診せず、適切な医療が受けられなくなるなど、長年問題が指摘されてきた。03年には健康増進法の改正で、不適切な表現が禁止され、勧告などの行政処分や罰則規定が盛り込まれた。

この取り締まりの強化は、以前から進めていたようですが、実際に監視を 徹底することが人員不足のためにできない状態があり、やっと昨年の九月、 違反調査の専従職員を増員して、今回、行政処分する方針を固めたという 事なんですね。

どういう処分が行われるか、 ↓ 誇大な広告を使用する健康食品について、消費者庁は30日、悪質な業者名を12月から公表する方針を固めた。 消費者庁は今年6月以降、「最高のダイエット食品」「血行を整え、むくみを緩和」など、表現が不適切なネット広告を出している業者約300社に改善を求めてきた。12月になっても改善されない場合は、勧告を行った上で業者名を公表する方針だ。 悪質な業者を12月から公表する

え?公表するだけなんだ。 誇大な広告 「飲むだけで確実にやせる」「がんに効くといわれている」

消費者を誤解させる広告 ↓ 病気の予防効果や栄養成分の効果などをうたう広告で「著しく事実に相違したり、著しく人を誤認させるような表示」

▼明らかに違反(カッコ内は理由)

・「がんに効くと言われています」

(治療が必要な疾患が治ると誤解を与える)

・「最高のダイエット食品」

(「最高」とは立証できない)

・「厚生労働省から輸入許可を受けた健康食品です」

(実在しない制度や許可をかたっている) ▼以下のような広告でも根拠が薄い場合、 表現方法が不適切な場合は違反

・「3カ月で10キロやせると実証済み」などの実験結果を示す

・「『飲むと体調が良くなりました』(東京・男性55歳)」など体験談を示す

・「『がんを○○食品が治した!』(△×出版)に掲載された食品です」などと 関連書籍を引用する 詳しくはこちら! https://mainichi.jp/select/today/news/20101201k0000m040122000c.html?inb=fa

関係する法律は、薬事法健康増進法景品表示法