被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

グローバルアイズ被害、高齢者ら1000人超


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

増えた組織を減らさないネット集客の魅力とは

081229_1304~0001.jpg

もし、あなたのお父さんか、ご主人さんが、老後のために一生懸命に大事にためていた一千万円を、すっかり投資詐欺の会社に取り上げられて、全く取り戻す手だてがないとしたらどうだろうか。

そのような手口で、「グローバルアイズ」という会社に投資という名目で、お金をだまし取られた高齢者が、とても大勢いるそうです。

つい先日、テレビを見ていて、中年の女性が、子供の教育資金のためにグローバルアイズに投資した話が紹介されていました。

その数、札幌だけでも100人以上。被害者が全国で1000人以上いるとみられているようです。

高利回りと元本保証をうたい多額の出資金を集めたものの、強制捜査前後から配当がストップし、元本返還の見込みもないとのことです。

2月に金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで警視庁の家宅捜索を受けて以来、配当がストップ。札幌市は同社の最大拠点の一つだったらしい。

弁護士グループや消費生活センターが情報収集を進めている。(古い情報…^^;)

登記簿などによると、同社は03年に全国最初の支店を札幌に開設し、中心人物とされる代表取締役は札幌市内に住所がある。警視庁の調べでは、同社は「モンゴル資源開発投資ファンド」と呼ばれる金融商品について、国の登録を受けずに出資を募っていた疑いがある。

最初は、ふれこみ通りの配当があったので、安心して出資額を徐々に増やしていくように勧めていく手口のようなので、配当があるからといって簡単に、信用しない方がよさそうです。

道立消費生活センターが把握している09年の道内の投資ファンド関連の相談は39件で、ここ数年は増加傾向にある。

斎藤清美主幹は「金融商品は難しく、業者は素人が理解していないところにつけ込む。おかしいと思ったらすぐに業者との接触をやめ、相談してほしい」と呼び掛けている。

同センターの相談電話は050・7505・0999。【今井美津子】