被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

安心して病気になれる国、日本


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

評判が良くても広がらないMLMの致命的欠陥とは

081014_1231~0003.jpg

以前、どこかで、知らないおじいさんと話をしたことがあったんですが、
こんなことを言っていました。

「病院がたくさんできて、家族のきずなは弱くなった気がするな~」

「???」

不思議な気がするでしょ!

私も気になって、どういう意味か、聞いてみたの。


どこか体が痛いとか、調子が悪いと、昔は家の人が、みんなで心配してくれたのに、
今は、「医者いってきなー」という一言でおしまい。

あとは、「ちゃんと薬飲めよ!」と、いってくれるだけなんだって。

そのおじいさんは、もう死んでしまったと思うけど・・・

手に負えなくなったら、

介護保険、デーサービス、介護サービス付きの老人ホーム



長寿国になれても、幸せに長生きできないとしたら、どうなんでしょうか。



ここで、忘れてはいけないと思う事があります。


病気っていうのは、結果ですよね。


もちろん、遺伝子や環境は関係しているけれど、

自分がどのように生きるかが、一番大きく関わってくると思うの。

細かくいえば、何を食べるか、何を飲むか、危険因子をいかに避けるかですよね。



そういう事を真剣に考える人は、きれいに老いていくし、いつまでも元気に活躍しています。

 煙草を吸っているおばあちゃんと、吸っていないおばあちゃん、気をつけてみてごらん!

 全然肌が違うから。



病気になってから、お医者に行けばいいといういう考え方は、本当に自分と家族を大事にしていないと思う。


アメリカでは、すべての人が医療保険に入れる訳ではありません。ですから、病院にかかると医療費が高いので、病気にならないために、身体によいこと、身体を強くするものを積極的に取り入れます。


この考え方の違いが、老人になって大きな差を生みます。寝たきりになる老人の数は、日本のほうが圧倒的に多いのです。これは、有名な話ですよね。


安心して病気になれる国に生まれて、私たちは、本当に幸せなのでしょうか。