被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

誰のためにビジネスをやっているか、時々確認しましょう。


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

何のために参加したの?って、尋ねたくなる方がいます。

あり得ないことなんですが、傍から見ると、???と思う方がいるんですね。 どうしてそういう事が起こるかといえば、「自分はどうせ成功しない」、

という考えが、滓のように心の底にたまってしまったからなのでしょう。

成功しないと言う事が前提ならば、自分のためとは考えにくいですね。 「自分の努力は、アップのため。」

アップのためにこんなに頑張っているのに、その肝心のアップが冷たい。孤独。

次第に不満がたまってくる。フォローが足りない。サポートしてよ!

「あるいは、自分のプライドのため。」 自分の誇りが傷つきたくないから、簡単に辞めるわけにいかないということで、自他共に認める辞める理由を探すことばかり考えてしまうようになります。

こういう気持ちは、ダウンができない状態が長くなると、表れてくるようです。これが自暴自棄と言う状態、ポジティブな気持ちとは正反対に作用します。

モチベーションが下がるとかいうでしょう。あの言葉は、カッコよく言ってるけど、結局こんな情けない状態なんじゃないかと思うんです。 でも、回復不可能になる前に、気持ちを変えればいいんです。

気持ちの切り替えなんて、一瞬でできます!

チャンネルをガチャガチャ回すように、

リモコンを、ひょいっと手にとって、陰気な番組をぱっと消してしまうように~ 自分は、このビジネスで、月収30万を稼ぐんだ!そのために、今まで頑張ったし、これからも、頑張るんだ!

自分のためと思えば、失敗しても、誰に対しても恥ずかしいなんて感じなくなります。

結果が出ないとしても、「自分に肥やしをやっただけよ、明日になったら10倍に返ってくるわよ。」

努力して失敗しても、それが、成功への階段に思えてくるのです。

そうです。

一番最初の気持ちに戻ればいいんです。

このビジネスを選んだときの、わくわくしていた気持ちを思いだしてみましょう。