被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

どんな人をパートナーにすると、気持ちよくお金が稼げるか?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法




海に集まる苫小牧の人々。ホッキを捕っている人も・・・沖にはフェリーが見えます!

金持ち父さんの、ビジネススクールという本をご存知でしょうか。

その中の一節で、彼が尊敬する友人ビルに、なぜネットワークビジネスをやっているのか尋ねるところがあります。

ロバート・キヨサキ氏は元々はこのビジネスに対して否定的な印象を持っていたのですが、ビルの話を聞くうちに見方を変えて行った過程を説明しているところです。

ビルはこういったんです。

「僕は学びたいと思っている人たちと仕事をするのが好きだ。」
ネットワークビジネスに入ってくる人は、新しい答えを求めている人、学ぶ気持ちのある人だと思う。僕は勉強を続けるのが楽しい好きだという人たちにビジネスを教えたり、教えてもらったり、彼らと新しい考えについて話し合ったりするのが好きなんだ。・・・」(一部抜粋)


初めてこの本を読んだとき、私は、正直この部分はあまりピンとこなかったんですが、この頃つくづくこの通りだなあと感じるようになりました。

最近、私のグループもメンバーがぼちぼち増えてきて、ミーティングやメーリング等、コミュニケーションの機会も増えてきました。

それが充実してくるにつれ、最初は教えてもらいたい人の集合体だったのが、次第に自分の考えについて話したり、見つけた情報やノウハウをシェアしようとする人が、どんどん増えてきたんです。

その結果ですか?

そのやり取りを傍観していた人たちまでも、再び意欲を取り戻して、燃え始めたんです。

自慢しあい、ノウハウを出しあうメンバー同士は、本当の意味で高めあい励ましあうことができるんですね。同胞という意識が、相互に労わり合う気持ちと、成功させてあげたい気持ちが厚意となって、互いにリーダーシップを発揮するようになるんです。素晴らしい状態だと思います。

インターネットのビジネスは、とても進化が早いです。私がやって成功したノウハウは、もうそのままでは通用しません。ある意味、若い新しい知識から学んでいかなければ、私も伸びて行くことはできないんです。

それで、今日のテーマ、
どういう人をパートナーにすると、気持ちよくお金が稼げるか。

その答えは、もう言うまでもありませんね。