被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

なぜネットMLMはシステムを無料で提供できるのか

先日書いたように、ネットMLMは、通常集客システムを無料で提供するのが普通です。

どうして無料で提供できるの?

そう思ったことはありませんか?

集客システムを無料で提供できる理由

グループが、集客システムを無料で提供できる理由は、いずれは大きな利益を生むと思うからです。

そのおかげで、会員はそのMLMに参加するだけで、無料でシステムをお借りして権利収入を作ることができます。

やがてダウンメンバーたちが報酬を得るようになれば、システム提供者は、とても大きな報酬を受け取ることができます。

だから、システムを無料で提供しても、損ではないわけです。

でも、思うようにメンバーを集められないとき、或いは集まったメンバーが成果を出せないような状況の場合、システムを提供している側は損をし続けることになります。

あるネットMLMのグループが、システム使用料を徴収するようにしたのには、そういう裏事情があるのかもしれませんね。

無料提供を断念する背景

ネットMLMは基本システム使用料無料ですが、急に月会費を徴収し始めたケースが在ります。

考えてみてください!ある日突然、「来月から有料にします!」とメールが来て、「月会費を払わないと、ダウンができてもあなたの下にはつけないよ」といわれたとしたら。

そのビジネスに参加してから、サイトを立ち上げこつこつ記事を書き溜めてきたというのに、その莫大な労力が無に帰すかもしれない。そのような状況になったら、あなたはどうしますか?

仕方がなく会費を払ってビジネスを続けることにするでしょうか。

私だったら?

払うと思います。

なぜか

システムを自分で持つとしたら、サーバー借りて、ドメイン取って、ステップメールシステムを契約して、LPを作って、WEB資料を用意し、申し込みフォームを用意する。

最低でも、月一万円くらいは必要です。LINE@のステップメールを使えば、プラスいくらの騒ぎでなく、3万も4万もかかると思います。

LINE@の集客システムを使いたい人は、2000円払っても損はないと思うからです。

有料に踏み切ったことで生まれたメリット

ただ、私のように、MLMをビジネスとして考えている人ばかりではない、半信半疑だけど、無料なら一口乗らせてもらおうか、というような日和見メンバーにとっては、2000円は面食らう金額です。

ある意味、グループからあまりやる気のない人を追い出すような効果もあります。

残ったメンバーは、有料だから元を取ろうとして頑張るという効果もあるでしょう。

そう考えれば、システムの無料提供をやめたのは、断念などではなく賢い戦略に思えてきます。つまり、やる気のあるメンバーを残して、さらにやる気のあるメンバーを募る作戦。

リーダーは、やはり頭のいい人です。

このやり方で、日本のネットユーザーで、ライフプラスを知らない人は誰一人いないというくらいまで、拡大してもらいたいものです。

ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法