被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスのインターネット展開は限界か!?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

増えた組織を減らさないネット集客の魅力とは

インターネットで集客できると誘われて、「それなら出来るかな?」と思った人は多いでしょうね。

でも結局、それが難しくなって、フィールドに戻っていったネットワークビジネスが多いようです。

口コミが基本のネットワークビジネスが、インターネットの出現で大きく成長したことは誰もが知っています。中でも、特に急成長したネットワークビジネスのグループは、どういう方法でインターネットを利用していたか、ご存じですか?

たとえば私が参加したことがあるハ―バライフジャパンの一部のグループは、まずメーリングリストの会員を募り、イベントに自分の意思で参加するように誘います。イベントと言うのは、製品とビジネスの説明会です。

洗脳と言うのではない、さわやかな良い雰囲気でイベントが終わり、帰った人は、各自、思い思いの目的にしたがって自分の意思でスターターキットを購入します。そのあとは、個人と紹介者の間で勧誘が行われます。

ネットワークビジネスの集客にインターネットが使われるとき、その目的はリストアップするためだけなんですね。あとは、関心ある個人に対して、イベントに誘うか電話をかけるかして、口コミの伝統的な勧誘方法に引き継がれるのです。完全にオンラインで成約までと言うのは難しいということなのかもしれません。

最近になって、この「人脈ゼロから組織をつくるオンライン起業」は、諸条件が厳しくなるにつれて展開が出来なくなったようです。次から次へ、ネット上から姿を消していく一方です。

しかし、このようにネット上で情報が見られなくなったことによりネットワークビジネスによる被害はさらに深刻化するのでは、と心配になります。密室でなされる勧誘ほど、被害を大きくするものはないと私は思うからです。