被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

『次世代担うネットワークビジネス』という本


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

image_maeda.jpg

「世界標準の二大ビジネスというのをご存知でしょうか。一つはフランチャイズビジネスですが、もう一つがネットワークビジネスなのです。これは、すでに世界の常識です。・・・」

ここまで読めば、この本が、ネットワークビジネスの重要性をメッセージするために書かれた事が分かりますね。

この『次世代担うネットワークビジネス』の著者は、衆議院議員前田雄吉氏です。

ネットワークビジネスを、日本経済の救世主となる一つの流通システムととらえ、国政の場で、光を当てる事に精力的に励んでいると書いてありました。

じゃ、私たちネットワークビジネスをしている人には、強い味方ですね。

実際、物品を流通させるために、ネットワークビジネスがあるわけで、それが経済を刺激して良い結果が見込めることは、誰だって理解しています。

タダ、頑強な偏見を持つ人の集団に怖じ気づいて、発言しない人が多いだけなのかもしれません。

前田雄吉さんは、勇気がある人だと思う。

「がんばってください!」と言いたいですね。

 

ネットワークビジネスの最大の魅力は、低資本でも起業でき、成功すれば不労所得を増やせること。

だから、たとえあなたが、超貧乏人(たとえ自己破産者でも)で、学歴のない人でも、人脈のない人でも、身体の悪い人でも、介護や子育て中で、自由のきかない人でも、副業(大っぴらに出来ない立場でも)でも、全ての人にチャンスがあるんです。

世論が動いて、ネットワークビジネス人口がアメリカや韓国のようにドカンと増えないうちに、土台を築いておくことが今後のチャンスをより大きくするんだと思う。

『次世代担うネットワークビジネス』前田さんは、こういっています。

「堂々と仕事に取り組んでください!」

このエールに感謝して、これからも勇気を持って稼いでいきましょう。