被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスは小売業の一形態!忘れると組織は崩壊する


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスは「小売業の一形態」ですから、販売や口コミが苦手な人が、安易に参加して稼げると期待すること自体、大きな間違いだと言われたらその通りです。でも、インターネトでホームページを紹介するオンラインのネットワークビジネスは、口八丁の人でなくても成功出来る可能性があります。

評判が良くても広がらないMLMの致命的欠陥とは

意外に忘れてしまうのは、ネットワークビジネスは小売業の一形態である事ではないでしょうか。ビジネスとして広めることに熱中しすぎて、製品を二の次にしてしまう事は避けたいですね。

でも、オンラインでもオフラインでも、ネットワークビジネスの最初はビジネスチャンスを求める人を探すことから始まります。

感心のないとわかっている人に、ネットワークビジネスをお勧めすると迷惑がられたり嫌われたりしてしまいます。

関心がある人が見つかったら、資料を渡したり、電話をかけたり、各地のイベントに呼び出したりして、内容をよく説明して、自分の意思で参加するように促すのがネットワークビジネスのお仕事です。

私のしているインターネットのビジネスは、広告やブログでホームページを紹介して、ビジネスチャンスに関心を持っている人に出逢います。

その中で、私のやっているビジネスに興味を持った方にだけ、ネットワークビジネスの資料を送っています。相手の方が、それを見て心から良いと思って参加してくださるの待つだけです。

そこに、嘘や説得や、洗脳といった悪質な手口は入り込む隙はありません。あまりに商売っ気がない私は、きっと損をしていると思うのですが、被害者を作るよりは ゆっくり組織が増えていけばいいと思っています。

それでも毎月、参加してくれる人が現れるのは、ありがたいことだと思います。

ネットワークビジネスは「小売業の一形態」ですが、オンライン展開のノウハウを持つグループを選べば、セールス苦手なあなたでも成功出来る可能性があります。