被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスのダウン組織構築の鍵とは?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

組織が出来なければ大きな収入にはならないというのは真実です。でもそのように聞くと、自分には所詮無理なのではないかと思えてしまうかもしれません。確かに、100人1000人というダウン組織を、一人の力で作り上げようとしたら、何年経っても達成出来ないでしょう。

評判が良くても広がらないMLMの致命的欠陥とは



ダウン組織というのは、どういう人の集合体ですか?それは、愛用者または愛用するビジネスパートナーです。

つまり喜んで商品を買ってくれる人が組織が構成して、あなたの収入を作ってくれます。

ただし全員が愛用者だとしたら、1000人の組織は毎月一人増えても83年かかります。しかしその中の真剣な30人が、毎月一人の愛用者を増やしていけば、3年で達成出来ます。

よくネットワークビジネスの組織をピラミッドのようにたとえる事がありますが、そんな単純ではないことがお分かりになると思います。

今日はあなたがダウン組織を大きくするために必要なポイントを挙げることにしますね。


教育システムがあるネットワークビジネス
ダウン組織を大きくしたかったら、教育システムのあるネットワークビジネスを選ぶことが大切です。これはなぜか?
ダウン組織を大きくするのは、獲得したビジネスパートナーをサポートして育てていくことが必要です。これが出来ないと、あなたが獲得した人だけで組織を構成する事になります。これだと、一生かけても30万円くらいの収入しか出来ないでしょう。でも、この自分の組織の中に真剣なビジネスパートナーが育っていけば、収入はドカンと増えます。このメンバーを育てるのに、必要な教育システムを用意しているネットワークビジネスを選べば、あなたの負担はかなり楽になります。

愛用を止めない製品
もう一つ組織運営のために必要なのは、愛用者が愛用を止めない製品を扱うという事も大切です。この点も、参加前によく吟味しなければなりません。製品の質がよくて、リーズナブルで、種類が多く魅力的で、製造する会社が研究熱心で新製品が次々と出ること、さらにこれまで何十年も悪い評判が出ていない一流メーカー直営のネットワークビジネスなら、最高ですね。

低投資でビジネス継続が可能
初期費用が高額だったり、報酬獲得のための権利(タイトル)を得るために数十万もの製品を自分で買う必要があったり、その権利のための買い込みを続けて更新しなければならないネットワークビジネスもあります。成功したら高収入になりますが、ほとんどの人がローンを抱えて苦しみ続けたあげく被害者のまま止めていくようです。稼げるまで出費を我慢できないのでしょうね。

余談ですが、こういうネットワークビジネスで一攫千金を目指すとしても、顧客攫得が上手くなるまでは買い込みは見合わせた方が良いでしょう。そうでないと、最終的に残ったのは期限切れの製品とローンだけということになり、元も子もありませんから・・・