被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスの失敗は最初の洗礼


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスの最初は、広告の美味しい話に乗せられて、何となく、登録さえすれば収入になりそうな気がして申し込む人が多いと思います。

でも、現実には簡単に稼げないものですよね。こうして、いわゆる最初の洗礼をうけてネットワーカーは誕生します。

被害から学ぶネットワークビジネス成功法、というタイトルで様々なネットワークビジネスの記事を書いてきましたが、私が言いたいのは、ネットワークビジネスは1回や2回の失敗で諦めたらだめ!ということです。

自分が挫折しそうなときには、2チャンネルの悪い評判を聞いたり、家族に反対をされると継続するのが難しく思えるかもしれません。ほとんどの失敗者は、ここで、「自分に成功できる訳がない」という弱気な気持ちに負けてしまいます。

実際、幾ら頑張っても参加者が出ない、ダウンが育たない、収入が上がらない・・・ そういう停滞期を幾つも乗り越えて成功するのが、ネットワークビジネスです。はじめから順調な人など、一人もいません。

迷ったとき、どうするか決めるのは自分自身です。これは、全ての人が、迎える"魔の関門"なのです。その中の90%以上の人がネットワークビジネスを諦め辞めていくことを、思いに留めましょう。

さあ、あなたは、その90パーセントに埋もれて敗退していきますか?それとも、数%の中で鎬を削り、ネットワークビジネス成功者の一人になりますか?