被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスで成功できるかどうかは○○があるかどうか


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

貴方がネットワークビジネスに参加して、うまくいかない理由を考えたことがありますか?

何らかの外からの妨害行為があったとか、そのMLMの主催企業が倒産したり、日本から撤退したりといった原因なら、まあ、自分の責任ではないでしょうね。

あるいは、自分の判断ミスということもあるでしょうか。

例えば、参加したタイミングが遅かったとか、アップのフォローがなかったというようなことも、よくあると思います。

その場合、その悪い環境の中でも、頑張ろうという人もいれば、もうやめようと思う人もいると思います。

今のあなたは、いかがですか?

そんな時、どうやって巻き返したらいいかお教えしましょう。

同じ条件下で、うまくいっている人がいないか探してみてください

それで、見つかったらその人と同じことをやってみるんですよ。

口コミのネットワークビジネスの場合は、人脈次第ですが、インターネットの場合ならマネすることは可能です。

素直にマネができる人が、強いんじゃないかなって思うのは、私の経験から導き出した答えです。

そして、撤退すべきタイミングかどうか判断するときには、こうしてください。

周りを見回して、誰もうまくいっていないとき。

そうなれば、撤退するしかないと思います。

その状態になると、必ずと言っていいほどリーダーが別のことをはじめているはずです。

  • 誰かが組織移動した噂を聴くようになった、
  • 別のビジネスに勧誘された、
  • アップラインと連絡がつかなくなった

そういう時、つくづく思う。

ネットワークビジネスって、やはりお金が取り持つネットワークなんだなって。。。

でもそれは、普通の会社となんら変わりありません。

仕事なのですから!

ですから、稼げないのに我慢して、仲間のために続ける必要はありません。

目的は、自分が稼ぐことです

自分が稼ぐために、最大の努力をして、稼げる可能性が全くなくなったら辞めればいいんですよ。

私にとってのネットワークビジネスって、そういう存在です。

でも、どのビジネスでも、大部分の人たちは、はっきり言って。。。

それだけの覚悟なしに参加していると思います。

徹底的な努力どころか、少しの努力もせず、参加して半年も一年もたってなお、お客さん気分。

それでは、ほかの人を出し抜いてお金を稼ぐことはできません。

起業って、そんなに甘いものだと本気で考えていますか?

ネットワークビジネスに参加するのなら、

覚悟をしなくてはいけないのです。

おそらく、ネットワークビジネスで成功できるかできないかが決まるのは、それに尽きると思います。