被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

MLMで成功するには、嘘・騙しは必須である理由


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

私は、このサイトを書き始めたとき、少しでもネットワークビジネスで被害に遭う人を減らせたらと考えていました。

私も当時は、嘘を真に受けてネットワークビジネスに参加して、わずかながら借金をした経験があったからです。(私をだました人は、もうそのMLMから追い出されて存在がわからなくなりました。)

だから、

嘘、騙し、大嫌い!!

ネットワークで被害者になるのは、ディストリビューターが嘘をついて、善良な人をだますからだと信じていました。

f:id:mlmwork:20190916075051j:plain

でも、8年経ってわかったことは、ネットワークビジネスで成功するには嘘をつく以外には有効な方法がないということ。

なぜなら、ほとんどの未経験者は、ネットワークビジネスについて無知すぎるからです。

正しいことを伝えて理解してもらうには、すごい時間と体力が必要。

時間をかけるのは大変ですし、真実はいいことばかりではありません。その真実の厳しさに耐え切れず、登録してもらえなかったら、元も子もない・・・

そういうわけで、ネットワークビジネスを成功するために、都合の悪いことは隠し、あり得ないメリットを聞かせる以外に、成功する方法はないのです。

ネットワークビジネスのことを、本当によく知っている人は、勧誘する人の甘い言葉になど騙されたりしません。

アップの過去の経験や預金通帳、分厚い財布やスポーツカーや高級ブランドの洋服や装飾品など、まったく意味がありません。

ネットワークビジネスで稼ぐために、必要なのは正しい情報だけです。

私は、ネットで名前を出してビジネスをしているので、いろいろなMLMから誘いを受けます。

でも、感情的な言葉ばかりで、正しく自分のビジネスのことを説明できる人って、あまりいません。

例えば、規約や報酬プランについて尋ねると、把握していない人が多い。

では仕方がないと、会社に電話を掛けると、紹介者の方に聞いてください。セミナーに行ってくださいと言われます。

それが、人の口から聞くビジネスの限界です。

自分がどんなに興奮していて、そのビジネスに賭けていて、成功を信じているとしても、その感情をいくら相手にぶつけても、相手は心を開くことはありません。

そのビジネスで幸せになれるかどうかは、相手が決めることだから・・・

必要なのは、ディストリビュータ―がちゃんと知って伝えるということではないでしょうか。

被害を減らすためには、ネットワークビジネスに向かない人は手を出すわけではありません。

でも、ふらっとその気になってしまったら、どうしたらいいか。

  • 手を出すんだったら、とことん調べる
  • セミナーやミーティングのムードに騙されない
  • 無駄な会合だと思ったらパスしてOK
  • 絶対に成功するまでやめないと覚悟する
  • いい加減なアップは、頼らない(こちらからくびにする)
  • 成功している人を探して、その人のまねをする
  • 自分を信じる

本当にネットワークビジネスで人生を変えようと思うなら、できるだけ早く未経験者、初心者を脱してください。

危険なケースとして、ネットワークビジネスのディストリビュータ―は、主に未経験者を狙う人と、組織移動を狙ってヘッドハンティングをするタイプがいます。

心のすきをついてきますから、騙されないでください。