被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスをやる人は金の亡者?


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスを批判する人が、Yahoo知恵袋で述べたことを、取り上げています。

全文は、こちらでお読みください。 https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n306176

その中に、金の亡者ばかり。というのがありました。

 

 

ネットワークビジネスをやる人間は、金の亡者?

私は、生業としてネットワークビジネスをやっています。

でも、それだけで私は金の亡者ということでしょうか。

そこを考えてみたいと思います。

 

金の亡者とは

定義をネットで探ったところ、以下のような情報がありました。

物事の基準をお金に置き、お金を儲けることを常に目的としている人のことです。この人と付き合うのは、自分の実入りがいいからだとか、多少友人を窮地に追いやっても、最終的に自身に金銭的利益があるのだからそれは是とする、などと考える人のことです。金銭至上主義者、守銭奴に似ていると思います。がめつい、欲深い、強欲な などの形容詞が当てはまる人でしょう。 金の為なら何でもする人間のこと。 人を騙したり、誰かを裏切ったりすることで不当に利益を得る人を表現する際に使うことが多いけど、単にお金大好きで働きまくりの人を表現することも稀にあります。  

事実はどうでしょう。

 

ネットワークビジネスを熱心にやっている人は、物事の基準をお金に置き、お金を儲けることを常に目的としている?

誰かと付き合うのは、自分の実入りがいいからなの?

人を騙したり、誰かを裏切ったりしても、利益を出そうとしているといえる?

多少友人を窮地に追いやっても、最終的に自身に金銭的利益があれば気にしない?

ネットワークビジネスをする人は、人を騙したり、誰かを裏切ったりすることで不当に利益を得ている? そもそもネットワークビジネスをやる動機は、お金儲けという人が多いと思います。

 

でも、お金儲けのためなら、なんでもする悪党と同じとは思えません。

 

なぜなら、

ネットワークビジネスは合法なビジネスです。

ネットワークビジネスで販売する製品は、ちゃんとした製品です。

友人を勧誘するのは、友人に対して、良かれと思って勧めるのであって、不幸にしようと思っていません。

 

ただ、ネットワークビジネスで成功するために、想定外の出費をしてしまう人がいて、それを回収するために、必死になることがあります。

そうなると、傍から見ると、「金の亡者」に見えてしまうのかもしれません。

 

ネットワークビジネスをやる人は、うざい?

Yahoo知恵袋に投稿した人は、そんな面をこう指摘しています。

 

地震が起きようとテロが起きようとネットワークビジネスの話しかしない(できない)会員ばかりでうざかったです。 人間として品格のかけらもない人も多くいました。 私は結果ネットワークビジネスをやめるというと、今までの人間は全く関心ないように私から去って行きました。私もせいせいしましたが。

 

ネットワークビジネスセミナー会場などに行くと、外の世界とは全く雰囲気の異なる、特別な場所に紛れ込んだような気持ちになりますよね。

 

でも、その雰囲気をいつも、一人の時でも、漂わせていなければいけないわけではありません。明けても暮れても、そうしている人がいれば、ただのおバカだと思います。

空気が読めない、常識がない、人間としての情愛に欠ける人でしょう。

あるいは、精神障害によるのかもしれません。

 

そうならないためにも、お金のために自分を追い込むことがないように、多額の借金をしたり、本業を早すぎるタイミングで辞めたりしない方がいいですね。