被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスで稼ぐために一番大切なこと


ひとりも誘えない私が657人のダウンを獲得したネット集客法

ネットワークビジネスで被害者になるのは、このビジネスについてよく知らないからだと思います。自分は被害者だと憤慨する前に、ネットワークビジネスについてもう少し知るようにしてはいかがでしょうか。

ネットワークビジネスは稼げないビジネス

ネットワークビジネスで稼げなかったから、自分は被害者だと思っている人は多いと思います。しかし、そもそもネットワークビジネスでお金を稼ごうという考え方って、どうなんでしょう。

純粋に、いい商品に出会ったから大事な人に教えて喜んでもらおうというのが、ネットワークビジネスに参加する動機でなくてはなりません。その愛ある行為によって、会社の売上が伸びた場合に、会社からわずかな報酬を支払われます。

僅かってどれくらいだろうと思う人がいるでしょうね。

大雑把に言って、購入価格の10%くらいの報酬です。そんな僅かな報酬で、悠々自適な権利収入生活とかアーリーセミリタイアの夢が、たちどころに適うと思っているなら大間違いです。

そこで、被害者にならないために、まず知っておくべきことは、
ネットワークビジネスは簡単に稼げるビジネスではないということです。

参加したら必ず稼げるといって勧誘されたとしたら、相手は大ウソつきの犯罪者です。そんな怪しい人の口車には絶対乗らないことです。

稼げないビジネスを稼ぐビジネスにするために

簡単には稼げないということを深く思いに留めたなら、その稼げないネットワークビジネスで稼ぐために必要なものを集めます。必要なものとは、ダウン組織です。必要なだけの規模のネットワークを作らなくてはいけません。さらに、規模だけでなくどんな形のネットワークが必要か、予めイメージすることは大切です。

ネットワークビジネスで成功できる人は、ネットワークを作るだけでなく、大切にして伸ばすことができる人です。ダウンラインは立場は対等ですが、お客様でもあり、一部は従業員でもあるというのが、このビジネスの面白いところです。

少し説明すると、ダウンラインの一人一人の購入額に応じて自分に振り込まれる報酬額が決まるので、組織全員がお客様。そして一部の人は従業員だというのは、自分の組織を増やすために働いてくれるからです。

ネットワークを作り大切にして伸ばすことができると報酬額が増え組織構築スピードが何倍にもなり、結果、稼げないビジネスが稼げるビジネスに変わります。

これが、ネットワークビジネスの「レバレッジ」です。

多くの人が稼げないのはなぜか

ネットワークビジネスに参加しても稼げないで終わる人が多いのは、ネットワークを意識しないからです。ネットワークを意識するということは、リーダーとしてすべての物事を見ることです。

自分の損得や感情に左右されず、組織を増やし質を上げることに集中することができれば、やがて稼ぐことができるのです。ただ、それには時間と手間がかかることも覚悟しなくてはなりません。

「半年やって稼げなかったら、やめます」などと、紹介者を脅している暇はありません。稼げるかどうかは、アップの能力とは一切無関係。あなたのリーダーシップにかかっているのです。