被害に学ぶネットワークビジネス成功法

参加したすべての人が「やってよかった」といえるMLMを目指しています!

ネットワークビジネスで稼ぐために一番大切なこと

ネットワークビジネスで被害者になるのは、このビジネスについてよく知らないからだと思います。自分は被害者だと憤慨する前に、ネットワークビジネスについてもう少し知るようにしてはいかがでしょうか。

ネットワークビジネスは稼げないビジネス

ネットワークビジネスで稼げなかったから、自分は被害者だと思っている人は多いと思います。しかし、そもそもネットワークビジネスでお金を稼ごうという考え方って、どうなんでしょう。

純粋に、いい商品に出会ったから大事な人に教えて喜んでもらおうというのが、ネットワークビジネスに参加する動機でなくてはなりません。その愛ある行為によって、会社の売上が伸びた場合に、会社からわずかな報酬を支払われます。

僅かってどれくらいだろうと思う人がいるでしょうね。

大雑把に言って、購入価格の10%くらいの報酬です。そんな僅かな報酬で、悠々自適な権利収入生活とかアーリーセミリタイアの夢が、たちどころに適うと思っているなら大間違いです。

そこで、被害者にならないために、まず知っておくべきことは、
ネットワークビジネスは簡単に稼げるビジネスではないということです。

参加したら必ず稼げるといって勧誘されたとしたら、相手は大ウソつきの犯罪者です。そんな怪しい人の口車には絶対乗らないことです。

稼げないビジネスを稼ぐビジネスにするために

簡単には稼げないということを深く思いに留めたなら、その稼げないネットワークビジネスで稼ぐために必要なものを集めます。必要なものとは、ダウン組織です。必要なだけの規模のネットワークを作らなくてはいけません。さらに、規模だけでなくどんな形のネットワークが必要か、予めイメージすることは大切です。

ネットワークビジネスで成功できる人は、ネットワークを作るだけでなく、大切にして伸ばすことができる人です。ダウンラインは立場は対等ですが、お客様でもあり、一部は従業員でもあるというのが、このビジネスの面白いところです。

少し説明すると、ダウンラインの一人一人の購入額に応じて自分に振り込まれる報酬額が決まるので、組織全員がお客様。そして一部の人は従業員だというのは、自分の組織を増やすために働いてくれるからです。

ネットワークを作り大切にして伸ばすことができると報酬額が増え組織構築スピードが何倍にもなり、結果、稼げないビジネスが稼げるビジネスに変わります。

これが、ネットワークビジネスの「レバレッジ」です。

多くの人が稼げないのはなぜか

ネットワークビジネスに参加しても稼げないで終わる人が多いのは、ネットワークを意識しないからです。ネットワークを意識するということは、リーダーとしてすべての物事を見ることです。

自分の損得や感情に左右されず、組織を増やし質を上げることに集中することができれば、やがて稼ぐことができるのです。ただ、それには時間と手間がかかることも覚悟しなくてはなりません。

「半年やって稼げなかったら、やめます」などと、紹介者を脅している暇はありません。稼げるかどうかは、アップの能力とは一切無関係。あなたのリーダーシップにかかっているのです。

ネット展開できないMLMなどありません。

f:id:mlmwork:20190823085106j:plain15年前くらいになるでしょうか。

当時、オンライン完結型のMLMを実践していたのはI.N.Aのみでした。

そのころネットワークビジネス業界は、新参者であるネットMLMに対して胡散臭さを感じていたようです。

しかし、反感を持ちながらも、インターネットを使ってMLMを拡大するシステムに期待した人たちもいたらしいんです。

そして、10年の歳月が経過して、インターネットでMLMを展開するグループや、それを容認するMLMが少しずつ増えてきました。

 

むしろネット展開できないMLMのほうが少ない

MLM企業に電話してもらうとわかるのですが、

ネットでアポを取って一対一でビジネス説明をするなら、禁止していません。

あの、アムウェイだって同様です。

ただし、MLMのD.Sが、「あ、そうですか」って、すぐにネットでMLMを広められるわけがない…

確かに、そうですよね。

そこで今日は、特に難しいスキルもお金もかけないでできる方法をシェアしたいと思います。

まずは、Facebookを使う方法。

 

Facebookグループに宣伝を投稿

Facebookを使うMLMといえば、ADSですかね。

もうやっていないと思いますが、以前やっていたのは、宣伝OKのfacebookグループに登録して、出来得る限りの頻度で宣伝しまくるという方法

時間のない人は、自動投稿ツールを使うといいですね。

さらにタイムラインでブランディングをして、LINE@に登録させるという方法も、かなり有効でした。

ちなみに、自動投稿ツールは毎月4000円、LINE@は毎月6000円くらいかかりますので、お金をかけたくない人には不向きかも。

facebookを使う方法で、もう一つはメッセンジャーを使う方法。

 

Facebookメッセンジャーを使う

これも、確か…プライムの方が教えてくれの方法です。

Facebookアカウントを持つMLMの有名なD.Sの方に友達申請をします。

そういう有名人のお友達はには、共通点がありますよね。

その人と同じMLMをやっている人、他社MLMにに属していて成功法に興味がある人。

少なくともMLMにアレルギーを持たない人たちです。

その人たちに、片っ端からお友達申請をして、承認されたら、メッセンジャーでDMを送り付けるのです。

一度に送れるメッセージには、文字数制限があるそうなので、その限界まで使って、効果的なセールスレターを作っておいて、コピぺでメッセージを送るだけ。

毎日100人に仕掛けるみたいです。

きちんと仕掛ければ、それなりにアポ取りは成功できるみたい。

 

Facebookでアポ取りした後は?

相手が何がしかのリアクションをしてくれれば、通話ができそうなら即説明、WEBサイトをもっていればオンラインで見てもらう、オンラインセミナーかリアルセミナーに誘うこともできます。

知り合いを誘うわけではないので、興味のない人にスルーされても気にならないし、最悪でもブロックされるだけのことです。

ツイッターも、同様のやり方ができますね。

ネットでアポを取れさえすれば、人脈の壁で悩むことはなくなります。

ただ、同じメッセンジャーを使う方法で、これはちょっと…と感じる悪質なやり方もあります。

DMで、「何かビジネスをしていらっしゃるのですね。何をしているのですか?」と、訊いてくる人。

興味を示してくれたら、ツイ嬉しくなって返信しちゃうよね。

しかし、実は、これがトラップ。興味がありそうな態度で近づいて、自分のビジネスを売り込もうとする奴です。

これも、やり方としてはありなんでしょうけど…

正直、相手を馬鹿にしたやり方だと思う。

 

嫌われたくない人はツイッター

メッセンジャーを使う方法は、たとえ相手が知らない人でも嫌われたくないと思う人には、なかなかできませんよね。

またFacebookは、原則的には一人一アカウント。

お友達と楽しく共有しているアカウントを、ビジネスに使うことは難しいという問題もあります。

複数のアカウントを作ってビジネスをしている人もいますが、いつアカウントを消されるかしらとドキドキしながら投稿するのは、精神衛生上よくないです。

コソコソするのは嫌だというなら、ツイッターがいいですね。

アカウントをたくさん持てるし、ニックネームも可能です。

SNSでアポが取れたら、人脈の壁はないに等しいです。

人脈の壁で苦しんでいる方は、SNSでアポを取る方法を試してみてはいかがでしょうか。

MLMで稼ぎたい人は下剋上を想定して生きるべき

f:id:mlmwork:20190823053912j:plain下剋上を想定して生きろというのは、渦中にあるたけしさんの言葉

ひょうきん族のころから大好きで、ビートたけしの写真集を買ったくらい、大フアンのわたしです。

だから、たけしさんのこの言葉を、裏切られた腹いせで言ったなんて思わない。

彼は、むしろ本当に裏切り行為があったとしても、自分はそれを肯定しているといいたかったのではないのかなと思います。

彼は、もうこの話を過去のものにしたいんだと思う。いつも通り、好きな仕事に集中したいのではないでしょうか。

彼自身は、オフィス北野がなくなっても今まで通り稼げるわけで、たけしさんを失って慌てているのは、会社のほうなんですね。

たけし軍団と会社とは、当分もめそうな気がするけど、もうたけしさんが巻き込まれるべきではないと思う。

ま、私の意見など、どうでもいいことですが…(笑)

このサイトは、ネットワークビジネス成功法を書いているので、話を本題に戻しましょう。

 

MLMでも下剋上を想定して生きる

下剋上を想定して生きろ」ときいた瞬間、そうだよなーと変に納得出来ちゃったのです。

ネットワークビジネスのアップとダウンの関係って、けっこうもめることがあるんです。

仲間であると同時にライバル、協力者でありながら競争相手

アップのほうは、私がサポートして稼がせてやっているのに、あいつ生意気だ

ダウンのほうは、私ばっか紹介を出しているのに、アップは私より収入をとっている

裏のドロドロをみちゃうと、なんだかやる気を失う人もいると思うのね。

そういうドロドロに巻き込まれたくなかったら、下剋上しかないんです。

MLM下剋上とは、組織を大きくして、アップのタイトルを追い越すことです。

 

くだらない低次元の世界でぐだぐだ争うんじゃなくて、もっと上を見ることですよね。

自分の目標、自分の理想に向かってまっしぐらにすすむなら、他人を妬んだり恨んだりする暇はないはず。

もめごとに巻き込まれそうになったら、振り払って前を急げばいいんです。

たけしさんの、下剋上を想定して生きろというのは、そういうことじゃないでしょうか。

 

普通は、成功していくダウンを現れれば大喜びするのが普通のリーダーですが、たまに妨害する馬鹿もいるんだよね。

頑張ってるダウンに、アップの悪口を聞かせるとかね。

そうやってダウンが苦労して作った組織を崩壊させようとするの。

恥ずかしいね~

あなたも、運悪くそういう泥沼を見ることがあるかもしれませんが、どんな社会にも馬鹿はいるのものです。

関わるのは辞めて、馬鹿は完全無視ですね。

 

自分の夢のために大事にすべきは、主催企業と自分の紹介したダウンメンバーたち。

仲の良いアップに対しては、上も下もなく助け合う同士として大事にします。

でも、妬んで妨害するアップなどは、利用できなくなったら、使い捨てでいいんですよ。

裏切り者と言われても、恩知らずと言われても、ぴしゃりと関係を断って、自分の夢と理想の実現にまい進するのです。

つまり、下剋上を想定して生きる

ネットワークビジネスで、もしアップが馬鹿でイライラすることがあったら、この言葉を思い出して、気持ちを静めてほしいですね。

ネットワークビジネスは損する人が95%ってほんと?

f:id:mlmwork:20190823154427j:plain95%以上の人が損する仕組み

Yahoo!知恵袋の質問に、こんな回答をしている人がいました。

仕組みを理解して算数計算したら95%以上の人が損する仕組みですからねえ。よほど人を丸め込む才能とバイタリティービジネスセンス無いと稼ぐのは難しいでしょうねえ

なんでそこまで言いきれるの!!と言いたい私です。

とはいえ、そういう声があることは確かならば、私としては、ネットワークビジネスで損しないための情報を提供すべきでしょうね。

さて、ネットワークビジネスで損しないために何ができるでしょうか。

 

損しない購買型とは

ネットワークビジネスには、いろんな種類がありますが、大きくは、販売型と購買型に分かれます。

一般に被害が多いのは販売型で、被害が少ないのは購買型と言われます。

購買型とは、ただただ毎月、自分の好きな製品をオートシップして、使い切るだけが参加条件のMLM

販売型との違いは、在庫をもって他人に販売することができない点です。

そのため、無用な出費をする必要がなく、損しにくいといえます。

え?

製品を買うお金も惜しい?

でも、それはおかしいですよね。

心から好きな製品を選んで購入すればいいのであって、何回か試して欲しくなくなったら別の製品に変更するか、買いたいものがなければ買うのを辞めればいいのですから。

 

販売型とは

販売型のネットワークビジネスは、販売目的で製品を仕入れることが出来るため、定価より安く(10%~50%引き)で購入できます。

そのため、新しく入った人に、アップが横槍を入れてたくさん購入させて、在庫を持たせるという悲劇が起きやすいのです。

アップの口車に乗って、製品力だけでどんどん売れると思い込み、大人買いして全部、タンスの肥やしにしてしまう。

在庫が一個も捌けなくても、ローンの支払いは待ってくれない、毎月のように引き落としに終われるなんてことに…

そんな感じで、損する人が一番多いのじゃないでしょうか。

本当に、つらいですよね。

でも、売れると信じて、大量に製品を仕入れたのは、自分なのだし、他人を恨むのはお門違い…

わかってはいても、やはり大金を払ってしまって悔しいので、

ネットワークビジネスなんて!!ということになってしまうのです。

ネットワークビジネスの仕組み

ネットワークビジネスは、主催企業が、自社の存在や製品の良さを、多くの人に知ってもらうために報酬を払うために始めた仕組みです。

お客さんを増やせない人は、ビジネスではなく、購入しているだけなのですが、たとえそうだとしても、損ということはないと思うんです。

あなたが紹介してくれたおかげで、収入を得るには至らなかったけど、こんなに素敵な製品を巡り合えた、と、感謝してもいいのではないでしょうか。

 

まとめとして、ネットワークビジネスに参加して、損しないために注意する点をまとめておきます。

ネットワークビジネスで損しない秘訣

  • 初期費用の高いところは避ける
  • アップの口車に乗らない
  • 心から好きな製品を見つける
  • 買いすぎない、在庫を持たない
  • 購入した分は、必ず使い切る
  • 絶対ダウンを作ると決める
  • ネットワークを大切にする
  • メンバーと連携してビジネスを進める
  • 無理だと思ったら、無理せず辞める
  • 規約をよく確認し、買い取り制度があれば利用する

ざっとあげると、こんなところでしょうか。

中で特に大事なのは、この仕組みを利用してお金を稼ぐと決めたら、とにかく、

なんとしてもダウンを作ること

当たり前のことですが、あなたと企業との契約は、

 自分→企業  紹介を出すから報酬を頂戴ね 会社→自分  紹介を出してくれたら報酬を払うよ

 

だから、ダウンを出さない限りは報酬は支払われないということを、肝に銘じてください。

また、できるだけ購買型などの損しにくいビジネスを選び、不要な出費を避けることは大事です。

また、参加するビジネスについて、自分で十分に調べましょう。

無知のままで参加して、アップのいいなりになってお金を毟りとられるようなことは、絶対避けましょう。

そうすれば、誰も被害者になることはないと思います。

在庫の山~まだ仕方なく製品を買いますか?

f:id:mlmwork:20190823154722j:plainぶっちゃけ、ビジネスをやるために製品を仕方なく買っている人は多いと思います。

先日、ある方から電話で相談がありました。

「参加以来、殆ど在庫に・・・」

えーーーー!!

何年継続しているかは不明ですが、

もし五年間、1万5千円購入し続けると、90万円ですよね。

聞いた私は、血の気が引きました。

必要じゃない製品を五年間も買い続けて、ビジネスで報酬が取れなかったら、うんざりするでしょう。

つらくなる気持ちはわかります。

 

モノがあるビジネスはよくないのか

その人は、「モノがあるビジネスはよくない」とも言っていました。

在庫にうんざりしているからこそ、出た言葉でしょうね。

実際、在庫がたまらないワールドベンチャーズのようなビジネスに魅力を感じる人は多いようです。

ワールドベンチャーズは、旅行で使えるポイントがたまっていくMLMで、毎月お金を払うだけ、何も受け取るものはありません。

旅行積み立て以外にも、「モノ」に替わって、仮想通貨、クレジットカード、アプリ、英会話スクール、FX教材などのMLMがあります。

でも、考えてみてください。

ただただ毎月お金を払って、何も受け取るものがないというのも空しい気がしませんか?

同じ1万5千円だすなら、何も貰えないより、1万5千円の価値のあるものを貰えたほうがお得ではないのかな。

形のないものにお金を払うということは、いわゆる裸の王様的な、詐欺商法に引っかかる危険があると思うのです。

MLMを選ぶなら、長年真面目に製品を生産してきた実績があり、生産者としての理念と誇りを持つ会社を選ぶべきだと思うのです。

それに、(何度も言いますが)そもそもMLMは、自分が製品を愛用するだけで販売員になれるのがメリット。

好きな製品を買うだけで、ビジネスにもなるというMLMの基本から逸脱してしまっては、もはやMLMではないのではないでしょうか。

 

在庫を増やさない秘策は一つ

在庫を貯めたくないなら、ビジネスを辞めてオートシップを解約すればそれ以上は増えません。

なんて乱暴なことを言うのか、と思うかもしれませんが。。。

MLMは、一生権利収入を受け取る可能性にかけるビジネスです。

お気に入りの製品がないままにオートシップを続けるなんて、それこそ無謀です。

それなら、辞めて別のビジネスをしたほうがいいと思うんです。

 

ちなみに、本当に辞めようと決心したなら、紹介者に相談するのはタブー。

MLMの会社によっては、在庫を引き取ってくれます。

規約をよく読むか、会社に直接問い合わせてみてください。

引き留められるのは面倒くさいし、ぐずぐず言ってる時間が勿体ないです。

 

ビジネスを続けたい半面、在庫に困る場合

どうして、そんなことが起きるのでしょう。

  1. 製品を買いすぎ
  2. 製品の知識がない
  3. オートシップの止め方をしらない
  4. 売りさばく術がない

 

製品の買いすぎ

報酬を受け取るには、このボリューム以上の製品を買わなければいけないという、規約はあるはずです。

それがいくらなのか、自分でしっかり確かめましょう。

先の方は、会社のきまりでは一品買えばビジネスができるのに、三つずつ買わなければいけないと勘違いをしていたでようです。

一品なら、6~7千円。五年間で42万円でよかったのに・・・

知らないということは、本当に残念です。

また、タイトルを取るために、複ポジを持つために、あるいは後々ビジネスが有利に進むからと、アップから説明を受けて、最初から大きな在庫をため込むMLMがあります。

はっきり言います。

そういう大人買いは、ダウンができる予感がしてからで遅くないです。

喜ぶのは、一時的にボーナスが入るアップラインだけですよ。

製品を必要以上に買いためることは、辞めましょう。

 

製品の知識がなくて愛着がわかない

どんないい製品でも、どういう効果が期待できるのか、どうやって使うのかわからないとなると、使う気にならないでしょうね。

欲しくないものを買い続ける気持ちが、まったくわからないのですが・・・

ビジネスを辞める決心がつかないのでしたら、直ちにカタログを開き、お気に入りの製品を見つけてください。

化粧品や、調味料、洗剤やシャンプー、ボディクリームなど、毎月消費する製品にオートシップを変更して、使い切ることが大事です。

アップが強く勧める製品があるって?

そんなの無視すればよろしい!

 

オートシップの変更の仕方をしらない

オートシップの変更の仕方(あるいは止め方)は、ちゃんと調べてください。

アップが教えてくれなかったとか、あとで言ってもどうしようもありません。

会社に電話すれば、親切に教えてくれます。

(会社は、辞められることよりクレームが怖いのでとても親切です。)

 

売りさばく術がない

多くの販売型のMLMは、在庫を販売できます。

親戚や友人で、悩みのある人に声をかけて売ってもいいですよね。

最悪、あげてもいいじゃないですか。溜めるより。。。

また、買い取りセンターで引き取ってもくれます。

買い取りセンターに問い合わせて、人気商品を選んでオートシップすることを忘れないでください。

そんなもの売れるの?

結構いるんです。

ビジネスには興味がないけど、製品が好きで、できれば定価より安く買いたいという人。

きっと、MLMの製品が市販品より良いことは知っているんだけど、高くて買えない人なんだろうね。

その気持ち、わかります!

製品がほしいだけで、そういくつものMLMに参加するわけにはいきませんから・・・

 

まとめ

今日は、在庫を貯めないために知ってほしいことを、書きました。

もうすでに在庫がたまって困っている人は、一生懸命使って下さい。

MLMの製品は、一流のものばかり、埋もれさせてしまってはいけません。

無駄にしないため、全製品を掘り出して、リストを作って買い取りセンターに送ってみましょう。

価格は定価の30%程度でしょうが、売れるものなら売って、製品を喜んで使ってくれる人に譲ってあげましょう。

そして、これからは、本当に好きなものしか買わないと心に決めましょうね。

 

逆算手帳を使って目標を達成する方法~MLM応用編

f:id:mlmwork:20190823154911j:plainコボリジュンコさんの逆算手帳を知っていますか?

逆算手帳 GYAKUSAN planner 2018年版 A5 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー)

「こうありたい」を実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てるための手帳と解説がありました。

コボリジュンコさんが、配布しておられる逆算思考の内容は、こちらから読み取ることができます。

「非営利の使用において、再配布を認めます」ということなので、読みたい方はダウンロードしてください ⇒ 小冊子「逆算思考で夢を叶える方法」

一言でいえば、望む未来を明確にして、それを実現するために計画を立てて、それを手帳に記す。つまり、自己実現の工程表を作るという考え方です。

一言ではおさまらないけど、そんな感じの考え方です。

 

まず、望む未来を明確にする

望む未来、すなわちビジョン【Vision】とは、出来る出来ないにかかわらず、自分が本当に、心の底からわくわくできる未来のこと。

他人にどう思われるか、とか、こうあるべきというような、心の中の障害物は消去することが重要です。

なぜなら、そうしないと、人は自分の正直な心と向き合えないからでしょうね。

あなたは、どんなビジョンをもっていますか?

※ まあ、人間には、いい人間も悪い人間もいるので、恐ろしいビジョンを抱えている人は、逆算手帳を利用しないでもらいたいですが…

 

積上げ思考と逆算思考

どのように、その望む未来を実現するか。

普通の人は、まずこれをして、これができたらあれをする、それができたらあれをする...というような計画を立てると思います。

そういう思考は、逆算思考に対して積上げ思考というそうです。

でも、それだと、命(若さ)あるうちにビジョンを実現できるでしょうか。

だから、「とりあえずこれをやっつけて!」という思考は、辞めたほうがいいわけ。

例えば今日は、選挙当日ですが、選挙関係者の頭の中も、もしかしたら「とりあえずこれをやっつけて!」という思考になっていますね。

「とにかく当選するためには…」

もしもそうだったら、日本の未来はどこに向かっているのでしょう。

逆算思考では、到着地点が動くことはありませんが、積上げ思考は、到着地点に就けるとは限らないし、予定時間につける可能性は、まずないでしょう。

つい話が飛びましたが、やはり、目標を実現するには逆算思考がいいですね。

 

ネットワークビジネスに応用する

さて、この逆算思考をもってすれば、ネットワークビジネスの成功は間違いありません。

ここで、ネットがいい、口コミがいい、ということは、言いたくありません。

しかし、逆算思考で計画しようとした場合、口コミMLMよりもネットMLMのほうが、数値化しやすいと言えます。

なぜか

ざっくりですが、ネットMLMは、作業の内容と量に比例した結果が得られるからです。

 

MLM実践者のビジョンとは

旅に出るとき、まず決めるのは行き先。

行き先は、例えばセミリタイアかもしれません。

セミリタイアに必要なものは、権利収入50万円。

その人にとって、権利収入50万円が行き先です。

コボリジュンコさんが想定した「望む未来」と比べると、あまりに地味に見えるかもしれません。

でも、権利収入50万が、サラリーマンのあなたの未来をどれほど輝かせるか考えてみてください。

月収50万は、一か月か二か月、会社で働けば手に入る金額です。

しかし、生きている間、殆ど働かなくても毎月50万が振り込まれるとしたら、どうですか?

生涯にわたり、どこに住むか、何をするのか、何をしないのか、自由に決めていいとしたら…

世界遺産を見て回る旅?

宇宙に行く?

誰にも邪魔されず、好きな場所で、好きなことを好きなだけ・・・

あ~~~まぶしすぎます~~

さて、地図と磁石と乗り物を用意して、権利収入50万円への旅に出発しましょう。

あなたのビジネスで、権利収入50万円を得るために、クリアしなければならないことは何ですか?

  • タイトルは?
  • 必要なダウンの数は?
  • ついでに、どのような形で組織を作ると、より効率的でしょうか。

具体的な行き先が決まったら、次は地図を手に入れなければいけませんね。

逆算手帳で、MLM成功、ぜひチャレンジしてみてください!

情報を買っても稼げない人が多いのはどうしてだろう

f:id:mlmwork:20190823155044j:plain移り気というのでしょうか。

稼ぐ情報を、片っ端から試してみたくなる人は、情報商材を買いあさったり、有料セミナーに通ったり、何十万と前払いして高額塾に入ったり、知識にお金を投じます。

一生懸命勉強しても、頭でっかちになるだけ。

でも、頭に詰め込んだ高価な知識は、それだけでは恩恵を与えてくれません。

なぜ、いろんなことを知っていっていても、それだけでは稼げないのでしょうか。

 

知識があっても知恵がない

知識をもとに経験を積んでこそ、生きた知恵が付き、知恵が幸せをもたらしてくれる、なんて学校の先生に言われたことがありませんか?

知識と知恵の違いとは・・・

知識とは(大辞林 第三版の解説) 知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容。 知恵とは(デジタル大辞泉) 物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。

辞書では、うまく解説していますね。(';')

頭でっかちにならないコツは、知識を得たら使いこなせるまで使うことしかありません。

楽器でもスポーツでも、同じですよね。

入門書を買って来たら、ギターが上手に弾けますか?

徹夜して読んだら、あくる朝、変化球が投げられるようになりますか?

無理ですよね。誰だって、わかること。

ネットビジネスだってそうです。

実践して失敗して、訓練して、試行錯誤して、できない自分をできる自分に高めていって、上達していくものです。

あなたは、「いや、他人はそうかもしれないが、自分は実践している。それでも稼げないのだ!」と言いたくなったかもしれません。

そんなあなたに、はっきり言います。

自分はやってるつもりでも、稼げてないのは、あなたも努力が足りないのです。

自分で調べるだけでは、孤独で不安?

そんな気持ちなのでしょうね。

ネットで稼ぐために、何をしたらいいか、という基本的は知識は、殆どグーグル検索で無料で手に入ります。

なのに、毎日送られてくる怪しい(登録した覚えがないのに…来る)メルマガを、ついつい見てしまう。

「簡単に、楽して、短期間で稼ぐ」方法を無料で教えるという親切なメール。

ツイッターのダイレクトメッセージ。

Facebookのメッセンジャー。

「簡単に、楽して、短期間で稼ぐ」方法を餌に、ネット初心者を食いものにするアフィリエイターが多すぎます。

そんな方法など現実にはないのに、それがあるかのように宣伝して、カモを呼び寄せる。

 

ネットに疎いMLM経験者など、まんまと引っかかってしまいます。

ネットビジネスで稼ぎたい人をカモにする情報商材、有料セミナー、高額アフィリ塾、わたしはうんざりです。

 

情報を買う必要はない

実は、わたし、稼ぐ系の情報商材を買ったことはありません。 (スープダイエットと、ニキビ解消法と、独占メルマガサイトを作る情報の三つだけ。)

それでも、ネットで権利収入生活を手に入れました。

まあ、そういう変わり者は別として、情報を買う人がいるということは、自分が知識が足りないから稼げないと思っているんでしょうね。

でも、本当は、知識、つまり文章になった成功法は、買っただけではもちろん稼げないし、読むだけでもダメです。

一通り読んで、わかった気になって満足すればいいのかもしれないけど、どんないい知識も使わなかったら何の役にも立ちません。

知識は、使って使って使い倒して、自分の経験(つまり失敗を重ねること)を混ぜ込んでこそ、あなたが稼ぐ知恵に代わるということです。

他人から得た知識は、手ほどきとしては役に立ちますが、自分が成功者になるには、自ら失敗から学ぶことが90%以上ではないかな、と思っています。

 

ネットMLMも参加しただけでは稼げない

さて、ここからはネットワークビジネスの話になります。

ネットMLMに来る人は、ネットでMLⅯダウンを獲得する方法を教えてくれると期待してきます。

まあ、集める手法として、期待させているから仕方がないのですが・・・

わたしたちは、必要なことは確かに教えているのです。

動画、図解マニュアル、成功例、サンプル、共有ブログ、考えつく限りの膨大な資料を用意していますし、スカイプやLINEで個別にサポートもしています。

でも、聞いて、読んで、観て満足するだけの人が多いというのが現実です。

基本的な知識を得たら、使って使って使い倒し、失敗から学ぶことを恐れない人が、成功者になります。

ネットMLMも、アフィリエイトも、覚悟がないと成功できないのは同じですね。

ネットワークビジネスに参加することは、自分で会社を持つのと同じです。

それほどの熱意と覚悟がないと、ただの製品愛用者で終わります。

良い製品と巡り合って、

きれいになる、健康になる、旅行にいやすく行ける、英語がペラペラになる、電気代が安くなる、電話代が安くなる、それは大きなメリットです。

それだけでは嫌だ、権利収入生活を手に入れるという目的で参加するならば、粘り強い努力が必要です。

男と女はどちらが騙されやすいの?

f:id:mlmwork:20190823155238j:plainおれおれ詐欺と、アダルトサイト等の架空請求詐欺、融資保証詐欺、ギャンブル必勝法詐欺、 これが、今、日本中のまじめな人たちをだましている 四つの犯罪 です。

産経新聞 - 2017年2月14日の記事から。。。以下抜粋

昨年(平成24年)12月、尼崎市内の女性(26)の携帯電話に「アダルトサイトの利用履歴があり、料金が発生している。退会の連絡をください」というショートメールが届いた。女性が記載されていた番号に電話をかけると、架空会社の社員を名乗る男が「弁護士が民事裁判の手続きをとっている。代金を払えば手続きをとめられる」と現金を要求。恐怖を覚えた女性は、指定された口座に25万円を振り込んでしまったという。

女性がアダルトサイト?

アダルトサイトにアクセスするのは男性じゃないの?!

意外に感じる女性は多いはず。

本当に不思議!女性が、アダルトサイトの架空請求詐欺で騙されるなんてね。

 利用料を請求されるのは有料動画サイトや出会い系サイトが大半。にもかかわらず女性の被害が多いことについて、県警幹部は「女性は身に覚えがなくても相談するのをためらい、周りに知られないうちに払ってしまおうと考えるケースが多いのではないか」と分析する。

身に覚えがないのに、ビビる必要ないのに!!といいたいですよね。

「アダルトサイトの利用履歴があり、料金が発生している。退会の連絡をください」というショートメールが来たら、心配すべきことは一つだけ!

あなたの携帯番号が流出したということです。

ですから、電話を掛けたりしないで無視しましょう。そうすれば、何も起きません。

たとえ、実際にサイトを利用した記憶があっても、無視しましょう。

女性がこのメールをもらって、身に覚えないのに恐れるのは、女性にとってアダルトサイトを覗いたと人に知られたら、致命的だということじゃないのかな。

淫乱女のレッテルを貼られたら、お嫁の貰い手がなくなるとか、笑いものにされるとか、レイプされるリスクが増すとか、

考えすぎだから!

敵は、お金を払ってくるカモを探して、無差別にメールを出しているだけです。

無視していれば、何も起きないんです。

おれおれ詐欺の被害も、おじいさんよりおばあさんのほうが多いのかな。

もしそうだとしたら、それは母性愛の強さだと思います。

 

子供のころ、海で溺れそうになったとき、助けに来てくれたのは、母でした。

あまり泳げない母が、犬かきで必死になって助けに来てくれた姿、まだ忘れられません。

母親の優しい愛情を利用して、お金を取るおれおれ詐欺は、本当に許せませんね。

 

ネットワークビジネスはどうでしょう。

女性のほうが、会員が多いところを見ると、○○されやすいのは、やはり女のほうなのかしら。

トランプ氏が高評価~低リスクハイリターンの起業案件

f:id:mlmwork:20190829074341p:plain

アメリカの現大統領ドナルドトランプ氏といえば、アメリカでもNO.1の大富豪。

資産の総額は、大きく上下しているようですね。最近の情報では総資産は37億ドル。年収数百億円~1000億円と言われています。

ビジネスだけでなく、作家としても、テレビの名司会者としても有名です。

トランプ氏は、テレビに出るだけで億稼ぐといいますから驚きです。

 

トランプ氏がMLMを高評価?

その彼がアメリカのトークショーでのゲストで呼ばれた時のお話です。 ( https://www.networkbusiness.gr.jp/networkbusinass1.pdf

アメリカで知らない人のいないくらい有名な不動産王ドナルド・トランプ氏がゲストだったときのこと。 司会者: あなたは凄い資産家ですが、もし今、無一文になったとしてもまた 資産を築く自信はありますか? トランプ氏: えぇ、もちろんありますよ。 司会者: やはり不動産ですか? ほんの少し間をおいたあと…、 トランプ氏: いいえ。無一文から手っ取り早く資産を築くのであれば、私は 急成長している優良なネットワークビジネスを見つけ出して、そこのディストリ ビュータをはじめます。 どんな回答が聞けるかと、観客が注目していたトークショー会場にどよめき が起こったそうだ。 何か億万長者になる秘策をトランプ氏から聞けると期待 していた観客は、彼の意外な言葉にいっせいにブーイングをした。 その時、 トランプ氏: 今ブーイングをした皆さん。だから皆さんはそちら側に座って 私のトークを聞き、私はこうして有名なトークショーのゲストとして呼ばれてい るのです!! このトランプ氏の一喝で、会場は静まりかえった。

いうまでもありませんが、トランプ氏が無一文になるなんてことは絶対ないと思います。

でも、彼がこのように述べたことで、明確に証明されたことがあります。

 

ネットワークビジネスの優位性

資産がない人にとって、最も可能性のある企業案件は、ネットワークビジネスであるということです。

なぜなら、ネットワークビジネスは、

  • 始めるのに資産が要らない
  • 共に働く仲間を増やしても、人件費がかからない
  • 権利所得的な収入になる
  • レバレッジを利かせることができ、仕事量に対して大きな成果が得られる

 

リアルな企業と比べてみると、

  • 始める際、事務所や倉庫の家賃、光熱費、電話、車、名入りの事務用品等、細々した備品がたくさん必要になります。
  • 従業員を雇えば、人件費のほかに、制服や保険料もかかります。
  • 収入は、売り上げただけの労働収入
  • フランチャイズ化してオーナーになるとかしないと、レバレッジは利かない

こうやって比べてみると、トランプ氏のいうことは、疑いようのない事実だとわかります。

 

低リスクハイリターン

私がネットワークビジネスを始めたときは、自転車操業の自営業者の妻でしたから、本当にわずかなお金しか持っていませんでした。

一か月のリピートは、13500円。そのだけのお金をねん出するだけで、このビジネスを継続することができたのです。

13500円は、高額でしょうか。

リピートが厳しいといってこのビジネスを蹴る人がいますが、組織ができ始めたら製品代なんてすぐにペイできますよ。

製品代がペイでいれば、ノーリスクです。

毎月必要な製品を購入しながら、組織を広げていくだけで、収入は増え続ける。

しかも、組織の成員は、目標をもって自発的にビジネスをする人たち。

リアルの会社は、給料を払って従業員に働いてもらって収益を上げますが、ネットワークビジネスのメンバーには給料を支払う必要はありません。

トランプ氏の言ったことの意味を、本当に理解するためには、ネットワークビジネスの仕組みをもっと詳しく調べないといけません。

しかし、サラリーマンや無収入の主婦など、自由にお金を使えない人間でも、僅かな投資で起業して、大きな収入を手にしたいとしたら、選択肢は、おそらくネットワークビジネス以外にありません。

もし万が一、ネットワークビジネスで失敗しても、リアルの会社をつぶすときのように大きな実害はありません。

だって、たった13500円の製品を購入していただけなのですから…

 

組織が作れなかったら?

組織が作れなかったら、権利収入の構築はありません。

でも、たとえ組織を作れなかったとしても、自分の欲しい製品を買っているのですから、その人にとって何もマイナスはないですよね。

あなたが使っている化粧品や、シャンプーや日用品、サプリメントなどを、ネットワークの商材にチェンジするだけで始められるのです。

こんなお得なビジネスの機会が転がっているのに、一生に一度もチャレンジしないなんてもったいないと思いませんか。

ネットワークビジネスは、自分が広げた愛用者組織に対して、収入が発生するのですから、ロバートキヨサキ氏のキャッシュフロークワドラントの中ではビジネスオーナーに該当します。

そして、継続的収入の中から、余剰金を投資して資産を増やしていけば、投資家にもなれます。

こんなに面白いビジネスって、ほかにないと思うんですがいかが思われますか?

ネットワークビジネスの権利収入とは

詐欺師に学ぶ特効薬!ネットMLMで成功する方法

f:id:mlmwork:20190828152620j:plain インターネットを使えば、いとも簡単にダウンができるだろうと思いがちですよね。

なにしろ、ビジネスに関心のある方をネット上から吸い上げるノウハウがあるのですから。

とはいえ、適当にうまいことを言って聞かせればどんどん成約できるかといえば、そんなことはありません。

何が障害になるかというと、オンラインで出会う相手は全くの他人だということ。

リアルでも、赤の他人に信用してもらうには時間が必要ですよね。

それを、インターネット上のやり取りだけで、気を許してお金を払う人ってそう多くないと思うんです。

まあ、だまされていいか~って感じで、抵抗なく払える金額って5千円くらいじゃないかな。

でも、ネットワークビジネスは、大体どこでも、最初に5~6万円の初期費用、それに毎月1万円~2万円のリピートが必要なんですよね。

それだけのお金を出してもらうには、こちらに対して相当の信用がないとだめですよね。

ネット上で知り合っただけの相手から、それほどの信用を勝ち得るなんてことが可能なのでしょうか。

で、そのためのテクニックが、今日のタイトルの「詐欺師に学ぶ特効薬!」

そのお話をします。

詐欺師は、インターネットでてっとり早くお金を巻き上げるのが上手です。

物凄く稼いでる風に見せかける、ものすごい有名人と親友だと装う、業界の裏の裏まで知り尽くしている風を装う、マーケティングの専門知識や、経済用語や最新ニュースに通じている人間らしく、難しい言葉を連発する。

そのような演出って何のため?というと、ブランディングのためです。

  • この人が進めるビジネスは確かだろうな
  • この人の言うとおりにすれば、失敗しなさそう
  • この人を味方にすれば、メリットがありそう

人間として信用を得るのとはちょっと違いますが、自分と一緒にやれば必ず稼げると思わせればいいのです。

そうすれば、相手はこちらの言うがままに、契約をしてあなたのいうことなら、とりあえず信じてそのとおりやってくれます。

これは、口コミのビジネスでも有効な方法なのですが、リアルだと、着るもの持ち物、しぐさやものの言い方、など、完璧にカリスマリーダーになりきるのは難しいですよね。

その点、インターネットのビジネスは、文字と画像だけである程度信用させることができます。

インターネットのビジネスでは、顔も出さず、本名も明かさず稼ぐことさえ可能です。

ネットワークビジネスにインターネットを取り入れるなら、この手法を使わない手はありません。

口コミのビジネスでは知り合いが相手なので、少しの嘘も通用しませんので、この手法は使えません。

この手法が通じるのは、初対面の相手に接するときだけ。

そう、ABCとかセミナーでステージに上がる人は、とにかくエラそうで大物を気取るのは、この手法を使っているわけです。

すでに信頼関係のできているところから、スタートしますから、相手がビジネスにも関心がある場合には、成約が早いです。

ということは、インターネット集客は、ABCからのスタートと考えるとよさそうですね。

相手は、多少はビジネスに関心があるわけですから、あなたを信用してくれるような努力が必要なんですよ。

どんな人を装えば、インターネット集客で成功できるか?

それは、自分がどんな人を信頼できるか、どんな人が好きか、どんな人とビジネスがしたいか、素直に考えてみればいいですよね。

詐欺師の場合は、サラ金でお金を借りてきて写真を撮ったり、真っ赤なウソを並べ立てるのですが、それをマネしてお金儲けなんて、普通の人は嘘をつくのを嫌うのでできない相談ですよね。

でも、嘘にならない程度に自分を良く見せるとか、ネガティブな考えや弱点と思う点を隠すとか、そんな努力で成約率を上げることができるのです。

そして、自分を理想的なパーソナルに見せることで成功したら、それが本当の自分になるように努力することもできますね。

 

ネットワークビジネスで成功できるかどうかは○○があるかどうか

貴方がネットワークビジネスに参加して、うまくいかない理由を考えたことがありますか?

何らかの外からの妨害行為があったとか、そのMLMの主催企業が倒産したり、日本から撤退したりといった原因なら、まあ、自分の責任ではないでしょうね。

あるいは、自分の判断ミスということもあるでしょうか。

例えば、参加したタイミングが遅かったとか、アップのフォローがなかったというようなことも、よくあると思います。

その場合、その悪い環境の中でも、頑張ろうという人もいれば、もうやめようと思う人もいると思います。

今のあなたは、いかがですか?

そんな時、どうやって巻き返したらいいかお教えしましょう。

同じ条件下で、うまくいっている人がいないか探してみてください

それで、見つかったらその人と同じことをやってみるんですよ。

口コミのネットワークビジネスの場合は、人脈次第ですが、インターネットの場合ならマネすることは可能です。

素直にマネができる人が、強いんじゃないかなって思うのは、私の経験から導き出した答えです。

そして、撤退すべきタイミングかどうか判断するときには、こうしてください。

周りを見回して、誰もうまくいっていないとき。

そうなれば、撤退するしかないと思います。

その状態になると、必ずと言っていいほどリーダーが別のことをはじめているはずです。

  • 誰かが組織移動した噂を聴くようになった、
  • 別のビジネスに勧誘された、
  • アップラインと連絡がつかなくなった

そういう時、つくづく思う。

ネットワークビジネスって、やはりお金が取り持つネットワークなんだなって。。。

でもそれは、普通の会社となんら変わりありません。

仕事なのですから!

ですから、稼げないのに我慢して、仲間のために続ける必要はありません。

目的は、自分が稼ぐことです

自分が稼ぐために、最大の努力をして、稼げる可能性が全くなくなったら辞めればいいんですよ。

私にとってのネットワークビジネスって、そういう存在です。

でも、どのビジネスでも、大部分の人たちは、はっきり言って。。。

それだけの覚悟なしに参加していると思います。

徹底的な努力どころか、少しの努力もせず、参加して半年も一年もたってなお、お客さん気分。

それでは、ほかの人を出し抜いてお金を稼ぐことはできません。

起業って、そんなに甘いものだと本気で考えていますか?

ネットワークビジネスに参加するのなら、

覚悟をしなくてはいけないのです。

おそらく、ネットワークビジネスで成功できるかできないかが決まるのは、それに尽きると思います。

詐欺師がネットワークビジネスをやると、こうなる…一例

最近、ネット上をにぎわせているあるネットワークビジネス。

トップの方の経歴を調べると、アフィリエイトスクールで大勢の人を集めて、お金を持ち逃げしたような悪だったりしますよね。

まあ、そういう人を詐欺師といっていいかは、裁判官にご判断を仰ぐしかないのですが、だまされてお金を取られた人からすれば、間違いなく詐欺師ですよね。

そのような人たちが、ネットMLMに参入してきているので、気を付けてください。

 f:id:mlmwork:20190916074801j:plain

あるリーダーの例

新規さんの初期費用6万円を私が代わりに払ってあげるから、あなたのカードの番号と、残っているカード枠を教えてください

カードを他人に貸したら、カード会社から規約違反で訴えられますよ!

ま、一歩譲って、クレジット会社にばれなければいいとしても、

初期費用を肩代わりする代わりに、その新規さんを自分の直紹介にするって、どういうこと?

よく調べてみると、このリーダーのやっているネットワークビジネスは、直紹介を短時間にたくさん出すと、ものすごいボーナスがもらえるプラン。

反対に、直紹介を出さないと、組織を大きくしてもあまり稼げないプランなんですよ。

でも、そのことを良く知らないメンバーさんたちは、○○様が初期費用を出して下さるとありがたがって、

カード枠を貸して、自作自演の複ポジまで量産、○○様の直を増やして、○○様にタイトルを取らせてあげて、○○様だけを儲けさせているわけ。

ちなみに立て替えた6万円は、5千円ずつの月賦で返済だそうです。

これを耳にして、とんでもないことだと私は思ったのですが、あなたはどう思いますか?

 

また、別のリーダーの例

同じネットMLMを運営する別のリーダーも、自分の直をほしいがために、こんなことをしていました。

あなたが出した直ダウンを、私の直紹介にしてくれたら8000円を払う

と、ダウンをだましていたらしいです。

普通に直紹介を出すと、一時のボーナスが50ドル、だから8000円もらったほうがお金は稼げるんだけど、さっきも言ったように、このMLMの報酬プランは、直を増やさないとあとあと何もうまみがないのです。

 

騙されないために報酬プランを知っておく必要がある

ちゃんと、その辺のことは納得づくの話では?

と思うでしょ。

でも、その辺のことは、あまりダウンに教えてはいないようなのです。

私も、いろいろ調べてみたのですが、その辺をネットでさらっても曖昧なんですね。

つまり、関係者一同、誰も明確にしない方針でいるみたい。

なぜ?

知らないと、アップが儲かるから…かな?

とにかく、ネットワークビジネスの報酬プランを把握することは重要です。

報酬を知らなければ、どのように組織を作ると収入が大きくなるのかを見定めることも、いつ自分の目標(収入)を達成できるか、見当をつけることもできません。

ネットワークビジネスは、ダウンを増やせば自動的に大きな収入になるわけではありません。

それを知らないと、アップの甘いささやきに騙され、目先の儲けに目をくらまされる失態を演じることになり、後々になって大きな後悔することになります。

ネットワークビジネスは、ダウンが儲かさせることで自分も儲かるのが健全なネットワークビジネス。

それを、不自然な形で悪用し、自分だけが儲けようとする人もいるということを覚えておきましょう。

MLMで成功するには、嘘・騙しは必須である理由

私は、このサイトを書き始めたとき、少しでもネットワークビジネスで被害に遭う人を減らせたらと考えていました。

私も当時は、嘘を真に受けてネットワークビジネスに参加して、わずかながら借金をした経験があったからです。(私をだました人は、もうそのMLMから追い出されて存在がわからなくなりました。)

だから、

嘘、騙し、大嫌い!!

ネットワークで被害者になるのは、ディストリビューターが嘘をついて、善良な人をだますからだと信じていました。

f:id:mlmwork:20190916075051j:plain

でも、8年経ってわかったことは、ネットワークビジネスで成功するには嘘をつく以外には有効な方法がないということ。

なぜなら、ほとんどの未経験者は、ネットワークビジネスについて無知すぎるからです。

正しいことを伝えて理解してもらうには、すごい時間と体力が必要。

時間をかけるのは大変ですし、真実はいいことばかりではありません。その真実の厳しさに耐え切れず、登録してもらえなかったら、元も子もない・・・

そういうわけで、ネットワークビジネスを成功するために、都合の悪いことは隠し、あり得ないメリットを聞かせる以外に、成功する方法はないのです。

ネットワークビジネスのことを、本当によく知っている人は、勧誘する人の甘い言葉になど騙されたりしません。

アップの過去の経験や預金通帳、分厚い財布やスポーツカーや高級ブランドの洋服や装飾品など、まったく意味がありません。

ネットワークビジネスで稼ぐために、必要なのは正しい情報だけです。

私は、ネットで名前を出してビジネスをしているので、いろいろなMLMから誘いを受けます。

でも、感情的な言葉ばかりで、正しく自分のビジネスのことを説明できる人って、あまりいません。

例えば、規約や報酬プランについて尋ねると、把握していない人が多い。

では仕方がないと、会社に電話を掛けると、紹介者の方に聞いてください。セミナーに行ってくださいと言われます。

それが、人の口から聞くビジネスの限界です。

自分がどんなに興奮していて、そのビジネスに賭けていて、成功を信じているとしても、その感情をいくら相手にぶつけても、相手は心を開くことはありません。

そのビジネスで幸せになれるかどうかは、相手が決めることだから・・・

必要なのは、ディストリビュータ―がちゃんと知って伝えるということではないでしょうか。

被害を減らすためには、ネットワークビジネスに向かない人は手を出すわけではありません。

でも、ふらっとその気になってしまったら、どうしたらいいか。

  • 手を出すんだったら、とことん調べる
  • セミナーやミーティングのムードに騙されない
  • 無駄な会合だと思ったらパスしてOK
  • 絶対に成功するまでやめないと覚悟する
  • いい加減なアップは、頼らない(こちらからくびにする)
  • 成功している人を探して、その人のまねをする
  • 自分を信じる

本当にネットワークビジネスで人生を変えようと思うなら、できるだけ早く未経験者、初心者を脱してください。

危険なケースとして、ネットワークビジネスのディストリビュータ―は、主に未経験者を狙う人と、組織移動を狙ってヘッドハンティングをするタイプがいます。

心のすきをついてきますから、騙されないでください。

ネットを使えばMLMの被害はでないのか

ネットワークビジネスの被害とは何なのでしょう。

このブログを書き始めたころは、

口コミが上手くできないで一人もダウンを作れない人が被害に遭うと思っていました。

そこで、インターネットを使ってダウンを獲得するやり方を普及させれば、被害を減らせると考えたのです。

このブログを書き始めて7年以上たちますが、その考えを疑ったことはありませんでした。

しかし、ネットMLMが始まって十年以上たち、ある程度の市民権を得た今になり、ネットを使えばそれだけで、誰でもダウンが持てるとは限らないことがわかったのです。

f:id:mlmwork:20190912053724j:plain

ネットMLⅯの理想は、一人の人がたくさんのダウンを作ることではありません。

一人が、二人か三人、ダウンを確実に作れるノウハウを用意して、伝言ゲームのように伝えていくことができれば、それでみんなが収入を得ることができるのです。

でも、ネットの場合、パイはネットで情報を見ることができる人という限界があります。

インターネットでのMLMを知らないものはないという程度に広がってしまうと、ネットでできるという情報に新鮮味はなくなります。

さらに魅力的に見せようとアイディアを絞ったり、ターゲットを変えたり、システムを自動化したり、自動化を閉じたり。

でも、どんなに工夫をしても、ネットワークビジネスはネットビジネスにはなりません。

ネットワークビジネスとは、ネットワークを作り、ネットワークを大切に育てるビジネスだということです。

ネットを使えばネットワークを作ることはできますが、ネットワークを育てるには、ネットだけでは無理です。

やはり、ネットワークビジネスは、人と向き合うことができない人には難しいと思います。

インターネットでリストを集め、対面を嫌う人たちの間ではネットMLMとしてネットで拡大し、それと並行して口コミできる環境を整えることができれば、ネットと口コミで両方で組織が増えていくはずです。

ネットMLMは、口コミが嫌いな人ばかりを集めると限界が来ます。

口コミの環境を整えるのはお金がかかりますが、本気で組織を広げて不労所得で一生生きていこうと思うなら、口コミがしやすいようにするべきだと思います。

例えば、全国でセミナーをやっていて、販促用のパンフレットやサンプル、日本語で読める親切な詳細資料も用意してあるといいですね。

その上に、ネットでもダウンを増やせるオートダウンシステムを持っている。

そんな理想的なネットワークビジネスは、どこかにないかしらと探しているのですが…。

f:id:mlmwork:20190916075352j:plain

それがなかなかないのです

なぜなら、口コミのMLMは基本ネット展開禁止、

ネットMLMは、口コミしないのがウリなので、口コミしたい人に親切な資料は用意されてないのが普通です。

私は今、ネット展開に協力的なMLMを探しています。

ワールドベンチャーズ、ジュネスグローバル、ネリュームなど、ネットMLMも種類が増えましたね。

でも、ネットだけでやることを考えず、インターネットをうまく使って、楽にスマートにネットワークを広げようと思ってやったほうが、結果はよくなるんじゃないでしょうか。

あなたは、自分のビジネスにどうやってネットを利用するのがいいと考えますか?